2012年09月22日

まちのたね 012180 車窓から

A120827 車窓から.JPG

「国道にて」

久しぶりに目の前に鉄骨を見たような気がしましたので、撮影しました。

8月の終わりころ、現場に向かう途中のことでした。
posted by KAZZ Satoh at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 野帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月18日

まちのたね 012178 松戸のインフォ

A120706 松戸市街 (1).JPG

「松戸は旧商家」

7月の初めころに松戸に行った際に見かけました。聞けば、6月にオープンしたばかりとのことでした。

先日、東京新聞で紹介されていたので、思い出しました。このような施設が増えていくといいなあと思っています。松戸の場合、町家というか消火というか、昔の佇まいをそのままに活用されているところがいいです。こういう姿勢から、松戸らしさが育まれていくのだろうと期待しました。

すみません、その後は行けていません。
posted by KAZZ Satoh at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 野帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月03日

まちのたね 012164 ファイターズのポスター

A120826 日本ハムのポスター.JPG

「鎌ヶ谷から柏へ」

柏市民活動センターで見かけました。営業に来られたそうです。どぶ板営業的な作戦でしょうか?

見倣わなければいけない、と思いました。
posted by KAZZ Satoh at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 野帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月02日

まちのたね 012163 月末満月

A120830 満月.JPG

「8月30日」

満月は31日だったようです。ですから、1日前の月の様子ということになります。

スマートフォンで撮りました。最大限にズームアップして。

このくらい撮れるのですから、コンパクトデジカメを持たなくなるのは、分からないでもありません。それでよいかどうかは、個人の問題ということになります。
posted by KAZZ Satoh at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 野帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月31日

まちのたね 012159 一つ前の

A120802 満月 (1).JPG

「8月2日」

今日が満月のようですが、この写真は、ひとつ前の満月です。自分が持っているコンパクトデジタルカメラの望遠の限界が、この風景でした。

結果論ですが、満月以外のいろいろな街の情報が見てとれます。なんだか、言い訳めいた言い方になってしまいました。
posted by KAZZ Satoh at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 野帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月28日

まちのたね 012157 栗

A120823 すぎのファーム (13).JPG

「農家の庭先」

お邪魔していて、頭に棘が刺さる。栗でした。
posted by KAZZ Satoh at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 野帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月26日

まちのたね 012156 農家の花

A120809 すぎのファーム (18).JPG

「少し高いところに」

8月上旬、柏市内のある農家で見つけました。少し赤が薄いですが、緑を背景にするとなんとかなるかなあ、と思いました。

最近、老眼が現れたせいか、ピントがあっているのかどうか?ブレていないかどうか?よく分からなくなってきました。パソコンに取り込んだ後に、写真の具合を確かめています。この時間差は、銀塩写真のときのようです。
posted by KAZZ Satoh at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 野帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月24日

まちのたね 012106 公共交通パンフ@茨城

A120327 茨城の公共交通パンフ (1).JPG

「エコ通学のすすめ」

3月末に知ったのですが、茨城県では通学に公共交通を使いましょう、というキャンペーンを行っています。



A120327 茨城の公共交通パンフ (2).JPG

「デザインというもの」

アートとデザインは異なる。と言う話を何度も聞きます。それは、結局どういうことなのだろうか?と、いつも思います。芸術作品と工芸作品の違いにも通じる話かもしれませんが、茶道に用いる「茶碗」は工芸でしょうか?芸術でしょうか?どちらでもある。でしょうか。

では、写真にあるようなものは、いかがでしょう。このようなものを作り上げることは、アートに劣るのでしょうか?優劣で評価するような話ではないでしょうね。本来は。

アートは必要だと思いますが、アートだけが必要ではありません。デザインもまた同じでしょう。享受する側としては、自分に有難いものを受け入れていけば善いのだろうと、改めて思いました。こんなことを考えさせてくれる、「エコ通学のすすめ」に感謝します。
posted by KAZZ Satoh at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 野帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月03日

まちのたね 012071 すいせん

A120420 すぎのファーム加工場改修 (1).JPG

「沼南の風」

2週間くらい前に撮ったものです。今日も打ち合わせに行ってきました。行くたびに思うのは、自然は攻めてくるものだなあ。

放っておくと草ぼうぼうです。愛でられる草と抜かれる草があります。草に変わりはないのに。
でも、愛でられる草は愛でるに相応しいかたちに見えます。

今日は、今のところ、土砂降りです。
posted by KAZZ Satoh at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 野帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月21日

まちのたね 012064 雪の日がありました

A120229 雪景色@市役所の向こう.JPG

「2月29日」

4年に一度の日に撮影していました。あのとき、なんで市役所に行ったのか忘れていますが、線路の向こうに見える景色を「撮っておかないと。。」と、思いました。なぜ、そのように思ったのかも、忘れています。

あれから、2ヶ月くらい後にブログにあげてみると、今、厳しい状況にいるのは、すべて過去の怠慢によるものと実感します。困ったものですが、それでも作業を進めなければ状況は好転しません。ということで、今日も、おやじサッカーに行けずに仕事です。
posted by KAZZ Satoh at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 野帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月03日

まちのたね 012050 チーバくんとなし坊

A120318 第24回 千葉県建築学生賞  第3日 (86).JPG

「3月半ば@きぼーる」

千葉市きぼーるにて、第24回千葉県建築学生賞が開催されました。その際、登場したのがチーバくんとなし坊です。なんということでしょう。建築設計に従事している人々が主催で、どこまでがデザインされていて、どこまでがアドリブなのか不明な感じが素敵でした。

笑わずにはいれれない。という感じでした。ちょっと救われました。ありがとうございました。
posted by KAZZ Satoh at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 野帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月29日

まちのたね 012048 2か月前

A120124 雪景色 (2).JPG

「1月24日」

このような日がありました。柏でも。
posted by KAZZ Satoh at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 野帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月19日

まちのたね 012042 雪が降った日

A120123 雪景色.JPG

「1月23日」

もうすぐ春分の日を迎えますが、その2ヶ月くらい前に、柏では雪が降りました。
posted by KAZZ Satoh at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 野帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月21日

まちのたね 012033 キープのひとつ

A120105 御福銭.JPG

「財布に」

頂き物です。言わば、お守りのようなものと認識しています。

お守りの効果を考えてみると、自分の気持ちをキープするための道具、あるいは装置のようなものなのではないかと思います。

頂けることは、有難いことです。
posted by KAZZ Satoh at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 野帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月11日

まちのたね 012028 どこかへ

A120123 柏駅前にて.JPG

「トンネルの向こうは、」

年度末体勢のような気分だからでしょうか、なんだかいつもは感じないような気持ちが芽生えています。

このトンネルを抜けたら国境を越えられるかな?などと、、、

何言っているんでしょうね。柏駅前にちょこっとできた仮設の写真を見ながら。まったく。
posted by KAZZ Satoh at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 野帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月28日

まちのたね 012018 いいアイディアだ

A120114 アビスタにて (2).JPG

「我孫子市の図書館がある建物で」

アビスタです。1月14日に見つけました。いい企画だと思いました。



A120114 アビスタにて (3).JPG

「みんなで辰」

たつのおとしごも描きます。



A120114 アビスタにて (1).JPG

「付箋で」

付箋にメッセージを書き込み、指定された色の位置に合わせて貼り込みます。

なぜか「人に優しく」と書いてしまいました。2週間前は、まだ、そんな気持ちでいられたのでしょう。
posted by KAZZ Satoh at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 野帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月22日

まちのたね 012016 線量計

A111122 線量計.JPG

「研修に行ったこと(昨年)」

昨年の11月のことですが、放射能線量計の実物を見る機会がありました。測り高さによって、数値が異なることを実感しました。

ぼくは、一応、理科系出身です。そして、集落の調査などをしていましたので、「恣意性」が気になるようになっていることを、この機械が改めて教えてくれました。

そして、「数値」と「貨幣」は似ているところがあるような気がしました。それをどのように扱うか?どのように見つめるか?の違いによって、神にも悪魔にもなってしまうような気がしました。となると、神とか悪魔は、やはり人の心の中に潜んでいるのでしょう。


正確な数値を知ることは大切です。しかし、そのときに自分の不安感や損得のバイアスがなるべく少なくあってほしいと思います。そして、その価値観で踊ってしまう数値が、結果的に街を滅ぼしてしまうかもしれないことも、少しだけでもいいので想像してもらえるといいのではないでしょうか。

神/悪魔の感覚に、正義/悪、正しい/正しくない、などが付きまとってくるでしょうから、なにかと大変なのだと思います。
posted by KAZZ Satoh at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 野帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月02日

まちのたね 012004 くまもんピック

A111014 くまもんピック.JPG

「2011の嬉しモノ」

熊本に行ったときに「くまもん」を知りました。そうしたら、ピックになっているではありませんか。柔らかめですが、お土産として買いました。

ゆるキャラで抜群の人気を博していることを知ったのは、それからずいぶんと後のことです。ニシコくんの存在を知ったときでした。
posted by KAZZ Satoh at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 野帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月16日

まちのたね 110233 皆既月食だった夜

A111210 皆既月食@柏 21:26.JPG

「12月10日21:26」


A111210 皆既月食@柏 21:48 1.JPG

「12月10日21:48」


A111210 皆既月食@柏 22:09.JPG

「12月10日22:09」


A111210 皆既月食@柏 22:26 1.JPG

「12月10日22:26」


A111210 皆既月食@柏 22:59.JPG

「12月10日22:59」
posted by KAZZ Satoh at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 野帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月15日

まちのたね 110232 サンタ

A P2011_1127_190954.JPG

「サンタあられ」

いただきものです。多くの方に幸が訪れますように。

ぼくは、子供から感染性胃腸炎を頂きました。今週は、養生となりました。
posted by KAZZ Satoh at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 野帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする