2020年06月20日

まちづくり観連本、など 1712 テリー・ギリアム

テリー・ギリアムのドン・キホーテ_R.jpg

「テリー・ギリアムのドン・キホーテ」
テリー・ギリアム監督、2018

この映画を観ることができたこと。柏のキネマ旬報シアターで観ることができたこと。二重の喜びがありました。パンフレットを読んだら、テリー・ギリアムの作品を僅かしか観ていないことにも気がつきました。今度、キネマ旬報シアターにリクエストしてみようと思います。テリ・ギリアム映画祭を開催してください、と。以前、どこかの映画館で、ヴィスコンティ祭り(こんな呼び方ではなかったはずですが)がありました。結局、チラシを眺めて終わりました。どの映画も上映時間が長すぎると思ったのが敗因でした。

さて、ドン・キホーテですが、この物語が何故に長生きしているのか?風車に突進する滑稽話的に喧伝されますが、松本白鴎さんは半世紀くらい「ラ・マンチャの男」を演じています。ドン・キホーテをちゃんと読まなければならないのでしょう。理解するためには。

この映画は上映に至るまで30年ほどかかったそうです。映画の冒頭では25年と出ていましたが、いずれにせよ、人生の大半を費やしていることになります。テリー・ギリアムは1940年生まれとのことですから。2020年で80歳です。この先、新作を発表するのでしょうか。映画を観ているときは、なぜだかスタンリーキューブリックの「アイズ・ワイド・シャット」を思い出しました。もしかしてテリー・ギリアムの最後の作品か?みたなことを思ったからなのかもしれません。それと、ヨーロッパの奥底の闇みたなものを思ったのかもしれません。

これまでは、「モンティパイソンのテリー・ギリアム」という思いから抜け切れずにいました。しかし、ようやく、そういうしがらみから自分が解放されたようです。なので、改めて全作品を観てみたいと思いました。
posted by KAZZ Satoh at 16:53| Comment(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月09日

まちづくり観連本、など 1682 モンティ・パイソン

A ホーリーグレイル.jpg

「モンティ・パイソン アンド ホーリー・グレイル」
モンティ・パイソン、1974

昨日(3月8日)は、久しぶりに一歩も外に出ない日となりました。そして、この映画を観ました。「ライフ・オブ・ブライアン」とともに引っ張り出してきたものですが、ようやく観ることができました。

1974年にできた映画とのことです。今から50年近く前のものということになります。イギリス人の笑いのセンスには驚きます。この方々だからかもしれませんが、全方位的に槍玉にあげるというか、ネタにするというか、誰もが安全地帯にいることを許されていないように思いました。当時の為政者をはじめとする「対象」にされた方々は、どのように思われたのでしょうか。イギリスでは「フツー」なことだったのでしょうか。

「ホーリー・グレイル」とは「聖杯」です。アーサー王が、キリストの最後の晩餐に使われたという聖杯を探す物語が下敷きになっている。ということは分かりましたが、基の話を読んでいないので、おそらくは、この映画の最も面白い部分を分かっていないのだろうと思いました。それでも、あまりのバカっぷりに笑ってしまいます。

個人的に最も好きなシーンは、ある騎士に吟遊詩人が付き添い即興で詩歌を歌う場面です。
posted by KAZZ Satoh at 13:16| Comment(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月26日

まちづくり関連本、など 1670 マーティン・スコセッシ

A IMG_6409.jpg

「アイリッシュマン」
マーティン・スコセッシ監督、2019

昨年のうちに観ておきたいと思っていましたが、今年になって観ることができました。キネマ旬報シアターのおかげです。今年度から会員になることとしました。会員になったばかりの特典は、招待券をもらえることです。おかげで、鑑賞代は払うことなく観ることができました。

3時間半の長さを嘆く感想は多いのでしょう。自分も長いと思いました。しかし、退屈ではありませんでした。思いのほか、早く時間が過ぎました。ずっと、ある種の緊張感が持続されていると思いました。それは、主人公の憂鬱と従僕さにあると感じます。命令に従い、完遂することが生き残っていく術で、かつ、家族を守る術とした男にとって、誰がボスなのか?誰が友人なのか?この違いは明確でした。

この映画で最も好きなものは、使われている音楽です。時代を反映しているからでしょうが、1950年代の音楽が多かったのだろうと思っています。なんとなくほのぼのとした感じで、おっとりとしているというか、微妙なユーモラスが醸し出されていると思いました。ストーリーや映像が緊迫感に満ちているのですが、使われている音楽が身体を緩ませます。それが却って事態の深刻さを著していたようにも感じました。

ロバート・デ・ニーロとアル・パチーノの競演が最大の目玉なのだと思いますが、アル・パチーノが演じたジミー・ホッファを何かの映画で観たことがあるように思いました。後で調べてみたら、シルベスター・スタローンが主人公を演じた「F.I.S.T.」(1978)のモデルが、ジミー・ホッファとのことです。そういうことだったのか。40年くらいたって、繋がりました。

この映画は、ノンフィクションが原本だそうですが、アメリカはこのような映画が少なくないように思います。伝記映画というのだそうですが、近現代を見つめなおす姿勢がアメリカ社会には健在なのだろうと思います。原作を読んでみたいと思いました。
posted by KAZZ Satoh at 16:14| Comment(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月19日

まちづくり関連本、など 1667 杉田協士

A IMG_6380.jpg

「ひとつの歌」
杉田協士監督、2010

2020年1月18日(土)、ちば映画祭がお茶の水のアテネ・フランセ文化センターで行われました。そこで上映されました。昨年、「ひかりの歌」を観ることができましたが、その前に作られた「ひとつの歌」を観ることができたのは幸いです。さらに、映画の後のトークショーに歌人の東直子さんが登壇されました。東さんは、自分たちのすぐ後ろの席で観ていました。

ナレーションがなく、登場人物はほとんど語らず、しかも説明的なセリフが一切ないので、ストーリーの大筋は分かってきても、登場人物たちが何を考えているのか?何を感じているのか?などは役者の演技や顔の表情を追うことで、創造するほかはありません。不親切に感じる人も多いかと思いますが、ヨーロッパの映画はこのような展開のものが多いように思っているので個人的には気になりませんでした。むしろ、日本でもヨーロッパ映画をみているような感覚になる映画があることに嬉しさを感じます。

分かりにくいことは悪いことではないと思います。この映画を観ていて、日常生活はこのようなものだと思いました。親しい間柄の人たちのことも表情やしぐさ、そして発言内容からしか読み取れません。また、詳しい内容な事情なども、話してもらえる機会でもかないかぎり分かりません。ですから、毎日が「ひとつの歌」のようなものなのだと思いました。
 だから、話し合う必要があるのだと改めて思います。よく分からないことは確認しあう必要があります。早合点や誤解したままでいることも留意するべきことだと思います。そして、相手のことをゆっくり待つことも大切なのだと、映画を観ていて思いました。

自主製作系の映画ということなので、なかなか映画館で観ることができないのかもしれません。しかし、なるべく多くの場所で上映されるおとを期待します。
posted by KAZZ Satoh at 12:51| Comment(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月16日

まちづくり観連本、など 1665 モンティ・パイソン

A ライフ・オブ・ブライアン.jpg

「ライフ・オブ・ブライアン」
モンティ・パイソン、1979

高校の授業でパロディについてレポートをまとめるという相談を受けて、引っ張り出してきたもののひとつです。おかげで久しぶりに観ることができました。

イエス・キリストに間違えられたブライアンの生涯を描くというフィクションです。当初の企画はイエス・キリストの生涯をモンティ・パイソン風に描くものだったようですが、結果的に間違えられた男となりました。しかし、それでも宗教団体からの反発は大きったそうです。それはそうだろうな、と思いました。ジョークがきついです。その分、面白いのですが。

この映画は、キリストの生涯だけを揶揄しているのではないことも分かってきます。ローマ帝国に反抗する勢力が仲間割れの末、真の敵を見失い分派したグループに最も敵対心を抱いている様。すぐに行動せよ、と言いながら、そのための会議を延々に行っている様。ローマ帝国の軍隊内にみられる「お役所仕事的」な対応。メシアだと思い込み、妄信することに疑いを持たぬユダヤ市民。磔にされたブライアンに対する同志たち、彼女、母親たちの態度。最後には磔にされた人々による陽気で達観した歌の合唱。などなど、すべてに向けて揶揄の矢を放ってるように感じました。

ジョージ・ハリソンがチラッと出ているように思いました。本当にチラッとなので、見間違いかと思います。見間違いかもしれませんが、そのような登場もいいです。
posted by KAZZ Satoh at 10:52| Comment(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月31日

まちづくり関連本、など 1655 HOSONO

A NO SMOKING.jpg

「NO SMOKING」
佐渡 岳利監督、2019

2019年最後に映画館で観た映画となります。おそらく。2019年12月31日の16時近くに書いている時点ということになりますが、もう映画館には行きません。柏にキネマ旬報シアターがあることに感謝しています。たぶん、今年は、ここでしか映画を観ていません。あとはテレビです。おかげで、ミュージシャンたちのドキュメンタリー映画や、40年くらい前のライブ映画などを観ることができました。音楽にまつわる映画を沢山観ることができました。

さて、細野さんですが、「はっぴいえんど」や「YMO」そして「はらいそ」などのソロプロジェクトを後から追いかけながら聴いている理由が掴めたような気がします。細野さんに追いつけないから、リリースされるアルバムを受け止めきれないのだと思いました。常に新しいことをやっているので、常に分からない。そして、何年かして、なんとなく分かってきたような気がして、ようやく聴ける。しかし、そのときは細野さんは次の新しいことをしている。だから、一向に追いつけない。

もっとも、もともと追いつこうと思っていないので、そんなに気にしてはいません。昔はYMOをリアルタイムに聴いて、リアルタイムでノッテいている友人たちを羨ましいと思ったりしましたが、現代美術の自分なりの愉しみ方を見つけてからは、羨ましいとは思わなくなりました。分からないことは仕方がないことで、分からないことを分からないと受け止めて愉しむしかありません。なんだか愉しめそうなものであれば、自分にとってそのようなものであればOKです。
 などということを2019年の最後の日に思えたので、今年はそれなりに佳かったとします。思い返すといろいろと思うことがありますが、忘れないようないしておいて、2020年を迎えるだけです。問題は山積みなことに変わりありませんが、、、
posted by KAZZ Satoh at 16:11| Comment(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月20日

まちづくり関連本、など 1649 野火

A IMG_5409.jpg

「サイン入り」

2019年夏に観た映画のポスターがありましたが、よく見るとサインが入っています。出演者たちのものですが、誰のものかは詳しく調べませんでした。しかし、このポスターを見たとき、出演者たちの結束力を感じました。

野火を観たいと思ったのは、「100分で名著」というテレビ番組のおかげです。番組内で使われていた映像が、この映画のものでした。それが、柏にあるキネマ旬報シアターで上映されました。有難いことです。地元で観られるなんて。

戦争とは、こういうものだ。と思います。戦争をしなくて済むような世の中になることを希望します。


posted by KAZZ Satoh at 12:39| Comment(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月29日

まちづくり関連本、など 1628 Rick Kelly

A CARMINE STREET GUITEARS.jpg

「Carmine Street Guitars」
ロン・マン監督、2018

ありがとう、キネマ旬報シアター。と、まずお礼を言います。柏みたいな街にこのような映画館があることは、まるで、変わりゆくグリニッジヴィレッジに残り続けるカーマイン・ストリート・ギターズという名のギター工房があることの貴重さを同じなのではないか。などと思ってしまいました。

この映画はニュー・ヨークの建物から出てくる廃材を活用してギターを作っている工房の1週間を描いたドキュメンタリーですが、同時に変わりゆく街の様子を残り続ける小さな店を通して描いていしまっているのだなあ、と思いました。それと、廃材となる木材のヴォリューム感たっぷりなこと。これに驚きです。

日本の建物を解体したときに、同じような、つまりはギターに使えるような厚みと長さをもった廃材がでてくるのだろうか?いや、そもそもの造りが異なるので、難しいだろうと思いました。玄関の上がり框の一枚板のケヤキ?小料理屋のカンターに使われる松材?豪農の民家の大黒柱のヒノキやスギ?あ、こういう材料でギターは出来ていませんね。エレキギターは、極端な言い方をすると、アメリカで採れる樹木でできている。。。。と言ってもいいのかもしれません。などと、余計なことを思いながら観ていました。

その他のことは、内容に触れるような話ばかりになるので、これで終わりにします。
posted by KAZZ Satoh at 18:38| Comment(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月08日

まちづくり関連本、など 1624 BLUE NOTE

A BLUE NOTE RECORDS BEYOND THE NOTES.jpg

「BLUE NOTE RECORDS BEYOND THE NOTES」
ソフィー・フーバー監督、2018

日本で公開されたばかりの映画を観ました。タイムリーに観ることは久しぶりです。またしてもキネマ旬報シアターに感謝です。最近はキネマ旬報シアターばかりです。

この映画を観ることができてよかったのは、ブルーノートというレコード会社の見方を誤っていたことを知ったことです。「ジャズ」のレーベルだと思い込んでいましたが、近年はジャズだけではないということが分かりました。ジャズファンは周知のことでしょうが、自分のような門外漢は分からずにいました。そして、今でもミュージシャンファーストなのだと知りました。

邦題は「ジャズを超えて」と訳されていますが、「音符を超えている」ということのようです。邦題の訳は、おそらくこれでいいのだろうと思います。しかし、たぶん、ちょっと違うのだろうと思いました。的確な言い回しを見つけるのは難しいそうです。

もう一度、観たいと思いました。
posted by KAZZ Satoh at 22:04| Comment(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月15日

まちづくり関連本、など 1619 原一男

A IMG_5412.jpg

「ゆきゆきて神軍」
原一男監督、1987

公開当時、見る機会を失っていました。あれから30年。柏で観ることができるとは思いませんでした。キネマ旬報シアターに感謝です。この映画は昨日にアップした「野火」と一日おきに上映されています。二日続けて、朝一で重たい映画を観ることとなりました。この映画を観終わったとき、言葉が出ませんでした。

「野火」と「ゆきゆきて神軍」の共通点は、戦争というものを問い直すというところにあると思います。そして、この二つの映画を続けて観ると、もう一つの共通点に気がつきます。それは極限時における人の道を越えてしまう行為について。しかしながら、この映画の中心人物である奥崎さんの関心ごとはそこではありませんでした。同胞たちが、なぜ銃殺されてしまったのか。しかも、終戦が分かった後になって。この一点の追求が映画の中で進んでいきました。その執念は凄まじいものでした。

この映画が公開されて30年が過ぎました。これまで奥崎さんのことはどのように語られてきたのでしょうか?自分が、この映画を観ていて辛くなったのは、奥崎さんが激高してかつての上司を殴り始めるからです。そして、正義のための暴力は許されるというようなことを喋っていることです。また目的のためには手段を選ばない感じも描写されていました。

ドキュメンタリー映画であることから、様々なことを考えさせられます。奥崎さんが追及した真相の内容について。奥崎さんのふるまいについて。サポートし続けた奥様のこと。黙し続けた人々の思い。そして、ドキュメンタリーという手法について。などなど。ずっとずっと考えさせられるのだろうと思いました。
posted by KAZZ Satoh at 00:19| Comment(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月13日

まちづくり関連本、など 1618 塚本晋也

A 野火.jpg

「野火」
塚本晋也監督、2014

100分de名著という番組があります。そこで、野火が採り上げられた際に流れた映像は、塚本作品の野火でした。それが、今、柏のキネマ旬報シアターで上映されています。

映画は人を騙します。どのように騙すかは、パンフレットなどを読むことで分かってきます。この映画は全編、フィリピンで撮られたとばかり思っていました。エンドロールに深谷という文字を見つけたときに「?」が浮かびました。そして、パンフレットを読んだときに、相当のショックを覚えました。パンフレットの類は、鑑賞後に読むものです。

この映画を観ながら、水木しげるの作品を思い出しました。共通するものがあると思いました。戦争体験を黙する方が多いと聞いたことがあります。原爆体験を最近になってく千恵雄開く方がいることをテレビなどが教えてくれます。この映画を観て、「語らない」のではなく「語ることができない」のだろうと思いました。それでも、戦争の現実を知る機会が増えることは大切なことだと感じます。自分に引き寄せて考えることが必要だと感じます。

法律がどうあれ、何かが変わると、簡単に世の中は変わるだろうから。
posted by KAZZ Satoh at 14:56| Comment(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月05日

まちづくり関連本、など 1614 短歌四首

A ひかりの歌.jpg

「ひかりの歌」
杉田協士監督、2017

2019の年始から公開されたそうです。東京から各地へ。そして東京に戻ってきたそうです。昨日(8月4日)、東京写真美術館内のホールで映画を観ました。終わった後に、監督と出演者3人によるトーク。そして、ホワイエでの役者さんたちとしばしの会話ができたことに、感謝しています。

妻に誘われて行ったのですが、とてもよい映画でした。短歌四首をモチーフにした四つの物語が、少しずつ重なり、それぞれの主人公である女性たちの日々が描かれています。ヨーロッパ映画を日本人が創ると、このようになるのだろうと思いながらナレーションのない映像を観ていました。ナレーションなはく、主人公たちの状況説明もなく、物語に肝心な部分の説明的な描写もなく、、、、短歌を読んだときに思うような描かれていないところを想像しながら観ていました。

四つの物語のひとつは全編千葉県内で撮影されたそうです。このなかから2本が、ちば映画祭に出品されたそうです。2016年に。ちば映画祭を知りませんでした。知らなかったことが、ちょっと悔しいです。監督の意向でDVDにはしないそうですから、また映画館で上映されることを願うしかありません。監督が以前に創られた映画も併せて、キネマ旬報シアターでやってほしいです。
posted by KAZZ Satoh at 16:16| Comment(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月24日

まちづくり関連本、など 1600 1970

A IMG_4535.jpg

「Festival Express」
2003

柏で観ました。キネマ旬報シアターが柏にある限り、そこで観たときの枕詞的な表現となります。

さて、この映画ですが、よくぞこんな企画があったものだと思います。そして、よくも実現できたものだと思います。1970は世界中に「自由」が生きていたのかもしれません。当時の観客たちの様子も映像で示してくれていることも面白いです。ウッドストックも同じように思いますが、これらは「音楽イベント」ではなく「社会現象」だったのでしょう。

このときの映像が40年以上も放置されていたこと、さらには現像もされていないものがあったことなどに驚きます。企画側は大変な状態だったのでしょう、後始末が出来なかったのでしょう。放置されていたことは幸いだったのかもしれません。ウッドストックでも思いますが、敵うことなら、公開されていない映像を観る機会が生まれることを願います。ウッドストックとフェスティバル・エクスプレス、そして、真夏の夜のジャズなどは音楽史にとっても貴重なるアーカイブなのではないかと思います。

また観たいです。DVDでもよいのですが、スクリーンでのほうがもっといいです。
posted by KAZZ Satoh at 12:57| Comment(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月12日

まちづくり関連本、など 1589 ピアソラ

A ピアソラ【映画】.jpg

「ピアソラ 永遠のリベルタンゴ」
ダニエル・ロゼンフェルド監督、2017年

ドキュメンタリー映画です。キネマ旬報シアターで観ました。柏でこのような映画を観られることに、今回も感謝しています。

この映画を観ていて思い出したのが「MY ARCHITECT」です。建築家ルイス・カーンの息子が自分の父がどういう人であったのかを追い求める映画ですが、「ピアソラ」も彼の息子がストーリーテラーとなってピアソラの人となりが紐解かれていきます。カーンの息子はカーンのことをよく知らないので「亡き父」を探しに行きますが、ピアソラの息子は常に傍にいました。晩年は合わない年月がありましたが、それが息子に様々なことを思わせているようでした。息子と記していますが、この方は1945年生まれとのことですので、70を越えています。

この映画は、もっとも傍にいた最後の証人とも言うべき息子さんが健在のうちに偉大なるピアソラの足跡を映像として残したものです。息子さんにはお姉さんがいたようです。その方が自伝をまとめられているそうですが、息子さんは父の自伝を映像でまとめたのでしょう。

ピアソラはタンゴの新しいかたちを作りました。そのために闘っていたことを知りました。「闘う」人は歴史に残るのだと思いました。歴史に残るために闘うのでは本末転倒ですが、闘う姿勢は大切だと改めて思いました。老け込んでいるわけにはいきません。
posted by KAZZ Satoh at 17:12| Comment(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月12日

まちづくり関連本、など 1568 岩崎雅典監督作品

A XDIR2044.jpg

「福島 生きものの記録」
岩崎雅典監督、2013

3月10日(日)、柏にあるハックルベリーブックスで上映会が開かれました。3月11日に起きた東日本大震災の翌日、福島第一原発が放射能を大量に放出しました。立ち入りが出来なくなった区域に残り牛たちの世話をする方々を追ったドキュメンタリーです。

岩崎監督は淡々と描きます。個人的な感想に留まりますが、イデオロギー的な演出ではないと思いました。また、ジャーナリスティックな正義を振りかざすものでもないように思いました。それは、この映画の制作会社である群像舎の姿勢なのでしょう。「ワイルドライフへようこそ」と群像舎のサイトに書かれています。この視点から、福島の状況を追ったものだと理解しました。

ぼくは、このような映画が好きだと分かりました。この映画の続編があるそうです。第5作まであるそうです。できれば、続編を見たいと思いました。

今回は、ハックルベリーブックスの2階での上映で、十数人を集めてのものでした。ですから、上映後の茶話会が開かれ、残った方々が感想を述べあいました。これが、素敵だと思いました。ありがとうございます。
posted by KAZZ Satoh at 11:18| Comment(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月11日

まちづくり関連本、など 1559 ガンジス川

A IMG_4216.jpg

「ガンジス川に還る」
2016

インドの映画です。しかし、踊ったり歌ったりがメインではありません。ガンジス川に還ることがメインテーマです。岩波ホールで昨年(2018年)に上映されたようです。それが、柏にあるキネマ旬報シアターにて上映しています。いつも思うことですが、柏のような街にキネマ旬報の名前がついている映画館があることが不思議でなりません。そして、この不思議さに感謝しています。

聖書入門の本を読み終わった直後に、ガンジス川です。自分の人生はどうなっているのか?と訝ることもなく映画を観ました。このような流れになるのも家庭の事情です。様々な影響を様々なかたちで受けていると、このようなことが起こります。というような具合が、映画の中の主人公である中年男性にも起こります。もっとも主人公のほうが話が深刻です。この先は映画をお楽しみいただくのがよいです。

この映画の英語タイトルは「HOSTEL SALVATION」です。これを字幕では「解脱の宿」と表現していました。直訳すると「救済安宿」となるでしょうか。このほうが自分には腑に落ちました。「解脱」とすると主人公のお父さんにスポットライトが当たるような気がしますが、「救済」とすると主人公にライトが当たるような気になります。もっとも「解脱」は中年男性で、これからも人生が続く主人公にも当てはまるのかもしれません。

宿のご主人というのか、解脱の守護者というのか、その方が言いました「死ぬ覚悟ができていない」と。この宿に来る人たちは「死期」を感じたから来るのですが、それでも「覚悟ができていない」と言われます。しかし、できているはずの人が長く生きていたりします。そういうことがそのままというか、未整理のままというか、混沌というか、そんなこんながそのままにガンジス川の傍でそのままにあります。そして、荼毘に付されたり、川に流されたりしています。このような場所が残っているほうが、健全なのだろうと思いました。
posted by KAZZ Satoh at 16:35| Comment(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月16日

まちづくり関連本、など 1534 ビクトル・エリセ

A IMG_3973.jpg

「ミツバチのささやき」
ビクトル・エリセ監督、1973

柏にキネマ旬報シアターがあることに感謝します。「ミツバチのささやき」のような映画を観る機会をいただきました。キネマ旬報による1970年代ベストテンにランクインされているそうで、それで上映されました。かつて観たことがあるものを再度、スクリーンで観られることは幸運なことだと思います。

しかし、小さな衝撃を覚えました。自分がストーリーをほとんど覚えていなかったことに。冒頭でハチの巣箱がたくさん出てきますが、そこは覚えていました。しかし、その後は初めて観るかのようでした。果たして自分はこの映画を観たことがあったのでしょうか。もしかしたら観たつもりになっていただけなのかもしれません。

ヨーロッパの映画は好きで嫌いなのは、説明がないところです。時代背景や家族の状況、政治的な側面、それぞれが抱えている事情、宗教的な問題などなどが掴み切れません。だから、知識が足りない自分には「詩を朗読されている」ように思う時があります。なんとなく美しいけど、それしか分からない。。。。若いころに観ていたとしたなら、このような感覚で浮遊していたのでしょう。

この映画を観ながら今読んでいる本の内容が浮かんできました。本は「中空構造日本の深層」です。著者は河合速雄。このなかに「民話と幻想」という論考がありますが、ちょうどここを読んでいます。「幻想」をどのように考えるかという話だと思って読み進めていますが、現実と虚実がないまぜになって、その区別があいまいで、いや、どちらも本人にとっては「目の前に起こったこと」として実感があるものなのだと映画の主人公を観ながら思っていました。

主人公の少女に見えるものは、すべて本物なのだと思いました。他人には見えていないものであっても。そういうことは、実は大人になっても起きているだろう思います。
posted by KAZZ Satoh at 11:09| Comment(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月11日

まちづくり関連本、など 1498 THE BAND

A THE LAST WALTZ.JPG

「THE LAST WALTZ」
マーティン・スコセッシ監督、1978

1978年にサントラ盤というか、ザ・バンドのラストライブ盤を買いました。あれから40年。ようやく映画を観ることができました。しかも、柏で。柏にキネマ旬報シアターがあることに感謝します。スコセッシはボブ・ディランのドキュメント映画も作成しています。それよりもはるか前にラスト・ワルツが作られていました。

自分が小学生高学年のときにコカ・コーラのCMでカントリーミュージックを知りました。それ以来、おそらくアメリカン・ロックのフィーリングが好きになったのでしょう。ですから、ボブ・ディランというよりもザ・バンドのサウンドが好きになっていったのだと思います。ただし。ザ・バンドを熱心に聴いたわけではありません。このアルバムからザ・バンドを知りました。そして、このアルバムだけでザ・バンドを聴かなくなりました。たぶん、自分の中でも終わったのだと思います。その後は、日本のいわゆるニューミュージックと呼ばれるジャンルに傾倒しました。それと並行してYMOなどの電子音楽が流行り、時代はどんどんアメリカン・ロックから離れていきました。イーグルスでさえ、ちゃんと聴く機会を失いました。シカゴもしかり。

しかし、あれから40年。長生きするものです。時代の流れに無頓着になりつつありますので、構わずにあれこれ聴いています。そして、ザ・バンドを通じて、この手のアメリカン・フィーリングをもっと聴いてみようかと思います。
posted by KAZZ Satoh at 13:03| Comment(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月31日

まちづくり関連本、など 1493 白崎映美ほか

A夏のぜんぶのせフェスティバル―渋谷2015―.JPG

「夏のぜんぶのせフェスティバル=渋谷2015=」
白崎映美&東北6県ろーるショー!!、2016か?

昨年、アートラインかしわ2017に登場しました。白崎映美さん率いる東北6県ろーるショーです。これは柏駅前通り商店会プレゼンツです。毎年、エグイ(誉め言葉です)企画です。まさか、柏で観られるとは思いもよりませんでした、柏駅通り商店会の皆様に感謝感謝一千個感謝です。

白崎映美さんは上々颱風のヴォーカルですが、東北の震災を受けて、「ろーるショー」が展開されています。ここで紹介しているDVDは2015年に行われたものですが、柏で買いました。白崎さんたちのサインも頂きました。こちらは図々しくも木村さんの「イサの氾濫」と白崎さんの「鬼うたひ」にもサインをいただきました。

ぼくは、つくづく、このような音楽が好きです。コンサートホールやライブ会場で行われるパフォーマンスよりも、道端や広っぱで行われるもの、あるいは農村歌舞伎のような屋外的な鑑賞空間が大好きなようです。ですから大道芸の類もワクワクします。きれいとかスタイリッシュとか洗練とか最新のパフォーマンスより、地の底から沸き上がってきたようなもののほうに惹かれます。この世ではない別のところと繋がってしまっているのではないかと思わせるものが好きなのでしょう。
 東北6県ろーるショーは、そのひとつだと思います。まづろわぬ民たち、忘れ去られようとしている記憶たち、もしかしたら存在を否定されているかもしれないものたちを蘇らせているのかもしれません。昼間のパフォーマンスでしたが、夜に観るほうが似合っているのでしょう。先日の柏まつりで、今年も青森ねぶたが現れましたが、あれも夜に演じられるからこそ「力」が沸き上がってくるのだろうと思います。

東北6県ろーるショーは、今年もあちこちで活動しているようです。行く先々の「蓋」を開けているのではないかと思います。大事なことだと思います。
posted by KAZZ Satoh at 12:33| Comment(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月04日

まちづくり関連本、など 1456 This is me

A THE GREATEST SHOWMAN.JPG

「THE GREATEST SHOWMAN」
マイケル・グレーシー監督、2017

日本公開は2018年2月です。久しぶりに映画館でミュージカルを見ました。よくできていると思いました。観終わった直後の感想は、「クラブワールドカップ決勝戦を見たあとのような気分」でした。どのシーンをとっても見事で、それぞれの役者さんたちは演技もしっかりとしていて、歌もうまいです。文句のつけようがありません。しかも上映時間が1時間45分という長さなのに、主人公たちの半生が的確に描かれています。無駄がないと思いました。

ミュージカルというものはこういうものなのか。と、今更ながら気がつきました。おそらくオペラもそうなのでしょうが、「歌」を聴かせる芝居です。つまりは「歌」が主人公なので、それを中心にすべてが仕込まれていきます。ですから、極端に言えば、物語を麩構える必要がないのだろうと思いました。
 自分が引っかかっていたことは、このことだと思いました。そして、ディズニー映画もなんとなくと思っていた理由も分かりました。ディズニーのアニメーション映画は、子どもにも分かるように物語をシンプルにしながら、映画技術をふんだんに活用するエンターテインメントです。これを理解していなかったのでしょう。求めるべきではないものに余計な注文をつけていたのだと分かりました。

ですから、グレイテスト・ショーマンに対しては手放しで愉しみました。というよりか、圧倒されて見ていました。DVDが発売されたら買ってしまうかもしれません。
posted by KAZZ Satoh at 11:41| Comment(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする