2016年12月05日

まちづくり関連本、など 1300

A世界の片隅に 映画パンフレット.JPG

「この世界の片隅に」
こうの史代原作、片渕須直監督、2016

原作を何度も読んでいたので、映画化されることを知ったときは驚くとともに見てみたいと思いました。どのように描かれるのだろうか?と気になりました。しかし、それは心配ではなくて、動画になることで静止画の世界観がどのように動き出すのだろうかという協会が深まるものでした。

映画は映画で素晴らしいと思いました。原作に忠実でありながら、よくぞ2時間強の枠に納めたものだと思いました。この映画は、できれば、全国の中学校で上映してほしいと思います。庶民は、このように何が起きているのかよく分からないままに、それでもそれなりにしたたかに生きていくことを、この物語から掴むことができたなら長生きができるのではないかと思いました。

パンフレットは真っ白の表紙です。この表現方法は、実は、この物語の本質を的確に掴まえているのではないかと思いました。



Aこの世界の片隅に2.JPG

「チラシ1」

チラシのカラフルさと可愛さは、様々な感情を裏返します。



Aこの世界の片隅に1.JPG

「チラシ2」

柔らかさの内面にあるものを見つけることができれば幸いです。
posted by KAZZ Satoh at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月19日

まちづくり関連本、など 1296

A気狂いピエロ.JPG

「気狂いピエロ」
ジャン=リュック・ゴダール、1965

「勝手にしやがれ」の翌週は「気狂いピエロ」でした。どうやら、これらはセットで鑑賞する時代のようです。

この二つの映画を観て分かったことは、どちらも殺人事件であり主人公は逃げ回る物語です。それを詩の言葉がまき散らされたようなセリフで語り、耳慣れない音楽で映像を操ります。

ようやく分かったような気になったのは、多くの映画作家たちがゴダールの影響を受けているということです。ゴダールを通過しなくてはならなかったのでしょう。気狂いピエロを観ていたら、何人かの映画監督が浮かびました。自分のように映画を観られなくなった人間にも思い浮かぶのですから、映画フリークたちにとってはお宝のような作品なのだろうと思いました。


ベルモンドは、時代の語り部になってしまったのでしょう。この人だからゴダールの映画は冴えたのだろうと思いました。フランス人って、こういう顔立ちなのだろうと、改めて思いました。フランス語を話すのはうってつけなのでしょう。イタリア人でもイギリス人でもドイツ人でもない顔立ちだと思いました。
posted by KAZZ Satoh at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月09日

まちづくり関連本、など 1293

A勝手にしやがれ.JPG

「勝手にしやがれ」
ジャン=リュック・ゴダール、1960

柏にあるキネマ旬報シアターで上映していることに気がつきましたので、今朝、観てきました。朝9時25分の回しかありません。今週の金曜日までなので、慌てることとしました。

この映画を今更のように観るのは、タイミングだと思ったからです。観なくても人生は変わりません。観たからと言って、変わるわけでもありません。でも、何かがおかしくなっています。観てよかったのでしょう。

分からないまま観続けることの面白さを教えてくれたのは、この映画のようなヨーロッパで製作されたものたちです。観終わってもよく分からない。しかし、なんだかわかったような気がする。風景が変わったような気がする。思い込みなのでしょうが、「観る/見える」の違いなどを実感するには好いでしょう。

このような映画はボディブローです。ノックダウンされた感じではなく、じわじわとダメージが襲い掛かってきます。そして、それを喜び沈殿していくことになります。来週は、気狂いピエロが待っています。。。
posted by KAZZ Satoh at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月20日

まちづくり関連本、など 1286

Aカンパイ!世界が恋する日本酒.JPG

「カンパイ! 世界が恋する日本酒」
小西未来監督、2015

10月10日、世間では体育の日ですが、深谷に行って映画を観てきました。この映画はタイトルにあるとおり、日本酒の魅力と関わる人々の思いを伝えるもので、ドキュメンタリーです。日本酒伝道師として日本酒の魅力を喧伝するアメリカ人ジャーナリストとイギリス人で初めて杜氏になった方と、蔵元の後継者の3人がそれぞれに日本酒にたいする思いを語ります。そして、語られる内容に応じて彼らに関わる人々が登場することで、映画に深みが現れます。

この映画を観たいと思ったのは、蔵元が南部美人だからです。後継者である久慈浩介さんのことは東日本大震災が起こった際に、自粛せずに花見を楽しんでもらうようインターネットを通じて訴えた方です。ぼくは、この英断に驚くとともに、この方の強さを感じました。素晴らしい人が二戸にいることを称えたくなりました。

柏から深谷までは概ね2時間の旅程となります。時間をかけて行ったのは、関東圏で上映しているところが深谷だったからです。しかし、行ってみたくなる理由がありました。酒蔵だったところを改修して映画館にしているからです。酒の映画を酒蔵で観るという体験は、なかなかできるものではありません。深谷の方々に興味を覚えるようになりました。

この映画は、なるべく多くの方に見ていただきたいと思いました。そして、南部美人の店を訪れてみたいという気持ちが高まりました。南部美人は柏でも手に入ります。この酒を置く店が増えているように思います。購入するばかりならば、蔵元まで足を運ぶ必要はありません。しかし、幸運なことに二戸に行く機会がありますので、蔵元まで足を運ぶ時間を作ることにしました。そして、蔵元がある福岡の街を歩いてみようと思います。

点と点が繋がって何かが紡がれていくような気がします。
posted by KAZZ Satoh at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月30日

まちづくり関連本、など 1280

A janis.JPG

「janis little girl blue」
2015

青山にあるイメージフォーラムに行きました。ここは、大ヒットものというよりは、コアなファンが喜ぶ映画を上映しています。このような言い方が適切かどうかは分かりませんが、個人的には好きな考えの映画館です。建築を題材にした映画を上映していました。残念ながら行けませんでしたが、今回、ジャニス・ジョプリンの伝記映画を観るために訪れることができました。

中3の息子に連れられて行くという、なんだか家族内逆転現象です。それでも、観に行く機会を頂いたと感謝しました。

映画は、やっぱり切ないですね。ジャニス・ジョプリンの存在自体が切なくて。なんで長生きできなかったのかなあ、と、そんなことばかり思っていました。でも、長生きするには、いろいろと難しかったのだろうと思います。映画を観た限りでの印象ですが、彼女の両親がもっと彼女を認めていれば早死にすることもなかっただろうに、と思いました。もっとも、認められていれば、スーパースターにもならなかったのだろうと思います。

人生、何がよいのか分かりませんが、このような人を見ると「時代が生んでしまった」のかもしれないという気持ちになります。

R&B の影響を受けて、オーティス・レディングのライブからインスパイアされて、オーティスを見事に消化して自分のものとしてシャウトしている映像を見ていると、これがロンドンへ繋がっているのだと思いました。レッド・ツェッペリンのロバート・プラントなども、なにがしかの影響を受けているのではないかと思いました。
ロックもジャズも酒も勉強しませんので、知識がありませんから、感じたことだけを述べています。外れているかもしれませんが、自分のなかでアメリカとヨーロッパが繋がったような気がしました。

「ローズ」をもう一度観たいような、そうでないような。
posted by KAZZ Satoh at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月21日

まちづくり関連本、など 1242

A TOO YOUNG TO DIE.JPG

「TOO YOUNG TO DIE !」
宮藤官九郎脚本・監督、2016

銀座山野楽器でキャンペーンをやってるところを偶然に通り過ぎました。「山野」ではなく「鬼野」と表記まで変えて。そこで、この映画で使われたギターの実物が展示されていました。

あれから、約2週間後に映画を観ることとなりました。主題は「地獄」と「ロック」。ロックというよりかは、ハードロックとかへヴィメタルとか言われる音楽に地獄が付きものなイメージがあります。しかし、これは日本映画ですので、地獄はキリスト教的な世界観ではなく仏教的な世界観です。しかも、日本テイストの。

笑いながらも、宮藤さんの物語の構築力に関心していました。演劇をやってきた人の創り方なのでしょうか。映画が進む中で、コトの発端が少しずつ解明されていきながら、登場人物それぞれの事情が少しずつ明らかになっていきます。その明かされ方が、なんとなく映画っぽくないと思いました。映画の構成も演劇の構成も詳しく分かっている訳ではないので、あくまでも感じたという話に留まりますが。

この映画について、いろいろと書きたくなります。それはなぜかと自問すると、心温まるエンディングが用意されているからなのだと思うに至りました。あれだけ、縦横無尽に展開させているのに、最後は「よい映画だったな」と思わせるのは凄いと思いました。「あまちゃん」のときにも思いましたが、宮藤さんは根が善い人なのだろうと思います。
posted by KAZZ Satoh at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月05日

まちづくり関連本、など 1227

A海よりもまだ深く.JPG

「海よりもまだ深く」
是枝裕和監督、2016

久しぶりに映画館で映画を観ました。「ぼくらの時代」というテレビ番組に監督と主演の樹木希林、阿部寛の3人が登場した回がありました。マイケル・ムーアの映画も気になるところでしたが、妻との協議の結果、こちらになりました。

結果論ですが、観るべき映画だったのかもしれません。団地に住まう老いた母、ウダツの上がらない中年の息子が主人公です。いろいろの状況設定が、他人ごとではない感じがありました。静かに心温まり、静かに怖い映画でありました。

監督が男性だからでしょうか、息子である中年男性の成長物語であったように思いました。そして、中年男性の息子にとっても連動的に成長物語となっていました。中年男性の気持ちの整理が少年の気持ちをもオトナにさせたように思いました。自分に重ね合わせて観すぎているのかもしれません。
posted by KAZZ Satoh at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月31日

まちづくり関連本、など 1162

Aミニミュンヘンver2.JPG

「ミニ・ミュンヘン Ver2」
卯月盛夫+ミニ・ミュンヘン研究会、2010

2005年に出版されたものに2007年に取材したものを補てんした版です。ですから、メインの映像は変わりません2004年のものです。しかし、冊子が追加されました。ミニ・ミュンヘンが終わった後のことがスライドショーとして紹介されるようになりました。

仕事仲間から前作を借りて観た後に、少しミニ・ミュンヘンのことを調べました。そして「Ver2」が出版されていることを知りました。このDVDは一家に一枚と思いましたので、再販ものを手に入れました。何度見ても感動します。子供たちが自治をします。キャンプでの活動を通して。それをドイツ人たちは「遊び」を通してと表現します。「遊び」という言い方が適当だと思いますが、日本人の多くは好まないでしょう。ですから「活動」と呼ぶほうがウケがいいと思います。

DVDのなかで主催者は「遊び」も「仕事」も境なく子どもたちは行動することを語っています。このような姿勢で仕事に取組み、街のことに取り組むことができたなら、様々なことがスムーズに動くのでしょう。ミニ・ミュンヘンを紹介してくれた仕事仲間は、「ミニ・カシワ」をやってみたい、と言います。実現することを願います。多くの大人が職業訓練の枠を超えた活動に賛同してくれる日が来ることを期待しています。
posted by KAZZ Satoh at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月20日

まちづくり関連本、など 1155

Aミニ・ミュンヘン.JPG

「ミニ・ミュンヘン」
ミニ・ミュンヘン研究会、萌文社、2005

仕事仲間が紹介してくれました。ミュンヘンで行われているまちづくりにかかるプログラムのドキュメントです。
撮影は2004年で、日本の方々が製作されました。2004年の時点で20年活動されているとのことでした。

子供たちが「ミニ・ミュンヘン」という場で、自分たちで街を運営していくことを遊びながら会得していきます。夏休みの3週間のキャンプだそうですが、7歳から15歳までが参加できます。
この映像を見て感激しました。一緒に見ていた次男(中2)はうらやましいと言っていました。もし、日本各地で、このプログラムが実践されたら、まちづくりに留まらず政治やビジネス、そして学術の分野など幅広く関心を持つ子供たちが増えていくことでしょう。そして、将来を考える人が少しずつでしょうが増えていくのではないかと思いました。

どうやら、日本でも実践しているところがあるようです。今後は、国内での事例などを探っていこうと思います。Ver.2が発売されています。ドキュメンタリーの映像は同じもののようですが、解説や付録が付いているようです。手に入れようと思いました。
posted by KAZZ Satoh at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月28日

まちづくり関連本、など 1115

Aロックンロールショー The FILM.JPG

「忌野清志郎ロックンロールショーthe FILM #1」
2015

映画になったものです。先日、半額セールで見つけました。半額ならば仕方がない、、、という理由で手に入れました。こういう購入方法は真のファンから怒られるに違いありません。しかし、5800円+消費税は決断を鈍らせます。いやいや真のファンならば、、、、

DVDが映画としてまとめられたものですが、CDも付いています。曲数は少ないのですが、有難いことです。これが半額、見つけた以上買わない訳にはいきません。

そして、9月27日(日)久しぶりに昼寝を1時間半もしてしまったので、その後、いわゆる夕方の時間帯に映画を観てしまいました。鑑賞後に街に出る用事があったので、ブラビラしていたら、もとい、ブラブラしていたら中秋の名月に出会いました。「お月様覗いている。。。」と頭に思い浮かべましたが、映画には「多摩蘭」は収録されていませんでした。それより「ジンライムのような、お月様」と思い浮かべればよかったのでしょう。
posted by KAZZ Satoh at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月21日

まちづくり関連本、など 1075

A百日紅パンフレット.JPG

「百日紅」
原作;杉浦日向子、監督;原恵一、2015

冒頭にロックが流れるのですから、この監督は相当に原作者のファンなのだろうと思いました。そして、主人公「お栄」のことをロックな人だと思っていることが分かりました。もうそれだけで満足な気分になりました。後はもうお任せです。

百日紅の幾つもの話を上手くまとめたものだと思います。しかし、その反面、そぎ落とされたエピソードの幾つかを動かしてほしいものだと思いました。ラストシーンのひとつ前に北斎が出かけていく件は、瀧夜叉の彫り物を見に行く話です。あれも見たかった。まあ、別のエピソードがありましたから、よしとしましょう。地獄絵の話が動いたのは有難かった。そして、最初を竜の絵のエピソードで始めて最後を妹の死で締めくくる展開が好きです。

北斎たちがいた江戸は、今から約200年前。そのころは龍がいて、夜中を鬼が火車を引いて、絵から鬼たちが飛び出して、両国橋がとっても大きくて、、、今も面白い時代なのかもしれません。こんな映画が創られるのですから。
posted by KAZZ Satoh at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月11日

まちづくり関連本、など 1069

Aビリギャル.JPG

「ビリギャル」
2015

この映画で一番好きだったのは、あがた森魚が出演していることです。実話をもとにしている映画ですが、主人公の塾講師を雇った人も凄い。その方をあがた森魚が演じています。飄々とした演技でしたが、実際の方もそのような方でしょうか。

実話が本になり、それが映画になっています。映画としての時間制限のなかで物語をどのように展開させるか?様々なエピソードがあるなかでの取捨選択はどのようになされるのか?映画を観ていた時には考えもしませんでしたが、少し時間が経ちましたので気になってきました。
 実話をもとにしているからと言って本にまとめた段階で実話とは何かが異なる物語になっているのかもしれません。それがさらに映画になると、さらに異なる物語になっているのかもしれません。「映画」として成立させるために変革するのだろうと思います。
 本を書いたり映画を作る人には当たり前のことを書いているのでしょうが、時折、思いつくので書いてみました。
posted by KAZZ Satoh at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月26日

まちづくり関連本、など 1045

A天心.JPG

「天心」
松村克洋監督、2013

2012年の夏だったのでしょうか。五浦に行きました。そのときに、この映画の製作を始める旨を再建された六六角堂で知りました。寄付を募っていましたので、僅かですが募金しました。完成したのを知っていたのですが、行く機会を失っていました。そして、4月19日に実現しました。我孫子市けやきホールにて上映会がありました。有難いことです。この機会を見失ったら二度と診ることができないと思いました。

天心については「茶の本」を読んだくらいですので、強い思い入れはありません。しかし、自分が僅かでも募金した映画がどのように成ったのかは見ておくことが大事だと思っていました。果たして、よい映画でした。個人的には、横山大観が九鬼周三の言葉を語るシーンに打たれました。「今となってはすべてが美しい」というようなことを言ったと記憶していますが、辛かった日々をそのように表現できる人に成られた九鬼と横山が素敵です。

コトを成すということは尋常なことではないのでしょうから、踏み外す覚悟や突き抜ける覚悟が必要です。建築界の片鱗に佇む自分でさえ何がしかを思うのですから、美術界の方々はさぞかし大変なことでしょう。現在でも。

追伸 : 一度ブログに書いたような気がしているのですが、よく分からない状態です。
posted by KAZZ Satoh at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月08日

まちづくり関連本、など 0966

Aパガニーニ(映画).JPG

「パガニーニ」
2013、ドイツ映画

ドイツで制作された映画とのことです。全編、英語での展開ですが。本日(10月8日)、突然の鑑賞でした。

この映画を観ながら「ローズ」という映画を思い出しました。ジャニス・ジョップリン。ジミ・ヘンドリックス。パガニーニ。他にもいるのでしょうけど、どなたも共通点が多いのではないかと思いまじた。共通するかもと思う人たちの数が挙がらないことと、ジャンルの狭さが情けないです。

天才と呼ばれる人は、おそらく、本当に凄いのでしょうね。天才を御する人もまた天才なのかもしれませんが。

posted by KAZZ Satoh at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月28日

まちづくり関連本、など 0951

Aハリー・ポッターと死の秘宝 PART2.JPG

「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」
2011

ようやく観ました。映画は、覚悟しないと時間を作れません。それは、映画主体の時間になっていなからですが、テレビ番組の録画ものがいくつもありますので、やりくりが難しいです。

さて、映画の方ですが、完結編です。この話が世界中で愛された理由が分かったような気がしました。前々から思っていることですが、たぶん「丁度いい」エンターテインメントなのだと思います。重過ぎなく、専門的過ぎず、かといって軽すぎることもない。こういう塩梅で作品をまとめられる力量に感嘆しています。

さて、物語というものは何がしかの教訓めいたものが必要なのでしょうか?これまでは、なんとなく「勉強になった」的な感覚の在る無しのようなことが気になったりしましたが、ハリー・ポッターを通して観ているうちに気にならなくなりました。この物語から何かを受け止めてもいいし、他からでもいいのでしょう。

というところで、昼ごはんとなりました。
posted by KAZZ Satoh at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月27日

まちづくり関連本、など 0905

Aハリー・ポッターと死の秘宝 part 1.JPG


「ハリー・ポッターと死の秘宝 part1」
2010

ようやく観ました。言わず知れたものが経ちですが、最終話の前半です。物語としての在り方が取り沙汰されていたなあ、などと思い出しながら観ていましたが、映画向きな物語なのだろうと思います。

友人は指輪物語のほうが優れているなどと言っていたようなことを思い出しますが、あちらが本になった時代とポッターが出版された時代の違いなどが、本としての差になっているのかもしれない。などとも思いました。自分が指輪物語の本を読んでいないし、かつ映画を観ていないので比べようもないことですが、時代性というものがあるのだろうと思います。

上記の話はともかく、映画は良くできているのだろうと思いました。何といっても愉しんでみている自分がいたからです。小説の書き方や映画の創り方などに詳しい人々によると斬新な技法があるのかないのかなどという話になるのでしょうが、自分はそういう話が気にならなくなっているのだと思います。

思えば、ポッターの物語には常に「死」がつきまとっています。「善と悪」「光と闇」などの対比よりも「死」がつきまとっていることが読者や映画観賞者を惹きつけているのかもしれません。「死」に対比するのは「生」ですから、惹きこまれた先の反転を知りたくなるのだろう、などと思って前半終了。
posted by KAZZ Satoh at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月16日

まちづくり関連本、など 0900

A Les Miserables.JPG

「レ・ミゼラブル」
2013

2012年度で最も印象に残る映画の一つなのだと思います。先週末、商店会の花見(昼間に開催)の後に観ました。こういう時でないと観る機会を失ったままになると思ったからです。

重い内容で時間も長い映画でしたが、そこに辛さは感じませんでした。ミュージカルという手法はエンターテインメントなんだなあ、と改めて思いました。

最も興味を覚えるのは、フランス革命を進めた若者たちの行動と庶民の乖離です。庶民は、常に「どちらにつくか」という見極めをするものなのでしょう。改革の先頭にいる「富裕層の若者たち」を、どのように庶民たちは見つめているのでしょう。「七人の侍」の最後のセリフで「これは農民の勝利だ」というような言葉があったように記憶していますが、「生き続ける」人々の思考の野太さを感じます。ここの善悪の判断を持ち込むべきなのかどうかは、自分は分かりません。

いずれにせよ、フランス革命が成し遂げられ、時代が新しいものになっていきます。古いしきたりを否定し、新しい世の中に替わったことを評価するかたちと見受けました。時代の変革期に生きる人々の物語は、様々なことを炙り出してくれます。知っておく物語のひとつなのだろうと感じました。
posted by KAZZ Satoh at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月11日

まちづくり関連本、など 0875

A 楽隊のうさぎ.JPG

「楽隊のうさぎ」
鈴木卓爾監督、配給:太秦/シネマ・シンジケート/浜松市民映画館シネマイーラ、2013

この映画を柏にあるTKPシアターという映画館で観ましたキネマ旬報が関係しています。まずは、この映画を上映してくれたことに感謝します。

原作があること。浜松で撮影されたこと。出演する中学生が皆、オーディションだったこと。演奏は自演であったことなどは、すべて後から知りました。事前に入手していたチラシでうろ覚えでしたが、ほとんど気にしていませんでした。しかし、それがこのような素敵な映画を生み出した要因であったと、理解しました。

日本映画ですが、なんとなくヨーロッパの映画を観ているような気になりました。セリフが多くないこと。説明的でないこと。出演者たちを監督がじっと見つめているように感じたこと。脚本があるのだけど、そのような感じを思わせない雰囲気であること。絵で語ろうといているのではないかと思ったこと。などなど。

「楽隊」な訳ですから、本当は「音楽」を見せる映画です。「音楽」が主役といってもいいのかもしれません。しかし、「音楽」は、やはり脇役なのだろうと思いました。出演している子供たちが素晴らしく映像化されていると感じましたから。

映画の最後のセリフにやられました。この映画は、やはり少年たちの友情映画なのだと思いました。ぼくは、あの一言で救われたような気がしました。その瞬間、物語が終わりエンドロールに移りました。音楽を伴って。溢れてくる涙を抑えるのが大変でした。


付け足しのように書きますが、パンフレットの最後に全国のミニシアターの方々がコメントを寄せています。これは必見でしょう。
posted by KAZZ Satoh at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月10日

まちづくり関連本、など 0864

A永遠の0.JPG

「永遠の0」

映画を観てきました。原作がヒットしていることや岡田准一さんが主役をしていることくらいしか分かっていませんでしたが、劇場で映画を観るのが「風立ちぬ」の次であることが不思議です。

もうひとつの不思議は、大河ドラマ「黒田官兵衛」が始まりましたが、「のぼうの城」も観ました。これと「永遠の0」が自分のなかで繋がっていきました。岡田准一さんと夏八木勲さんが登場することで。

「風立ちぬ」と「永遠の0」を零戦つながりで比較するのは適していないのだろうと思います。片や戦闘機の設計者が主人公。片やパイロット。比較するならば、それぞれの物語を作った方々の考えを見るべきなのだろうと思いました。

「強く生きる」ということをしなやかに成しうることができるのなら、、、、少しでも目指すように努めます。
posted by KAZZ Satoh at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月26日

まちづくり関連本、など 0822

A風立ちぬ.JPG

「風立ちぬ」
宮崎駿監督作品、2013

テレビで宣伝されていうときから、なんとなく観ておくべきもののひとつなのだろうなあ。と思いました。ジブリ作品に思い入れが強い訳ではありませんので、ぼやあと思っていました。

8月25日、家庭の事情が変化し、突然に観に行くことなりました。見終わっての感想は、「うまく言い表せない」。掴みあぐねたような気分に包まれています。
 飛行機の設計者たちには共感を覚えます。まがりなりにも建築の設計に携わっていますので(一応、今でも)。ちょっと世間と離れたような場所で黙々と作業に取り組めることは幸せだったのだろうと思います。世間との距離感を感じるシーンがもうひとつあります。それは、第二次世界大戦に突入する前に軽井沢のホテルで過ごす件(くだり)です。戦前に帝国大学に進学できた人々の生活感覚は、現代の庶民と自覚する人々のそれとは明らかに違ったのでしょう。主人公の奥さんとなる方の家にしてもそうです。

このように書いていくと何となく分かってきます。ぼくの生活感覚から距離が離れている世界の物語だったから、呑み込めないままになっているのでしょう。そして、宮崎さんが描こうとしているファンタジーにも乗り切れないでいるのだと思います。

もう少し時間がかかるのでしょう。
posted by KAZZ Satoh at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする