2016年11月24日

まちのたね 016249 キムチとワイン

A IMG_3844.JPG

「くずまきワインと」

このような取り合わせを勧めるつもりはありません。しかし、面白いと思いました。くずまきワインは山ぶどうで作られますから、さまざまな試しが面白いと思っています。

などと、書いてみましたが、本音は目の前にあるものをただ食べているというだけのことです。
posted by KAZZ Satoh at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月22日

まちのたね 016248 これも秋

A IMG_3762.JPG

「一番搾り」

お酒が売られているコーナーをふらふらと歩くのは危険です。このような、普段と異なるラベルを見つけてしまうので。

しかしながら、いつ頃購入したのか、すっかり忘れているので何だかふわふわしてしまいます。基本的に酒は好きなので、何を飲んでも美味しいという阿保な状態になります。そして、嬉しくなります。
posted by KAZZ Satoh at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

まちのたね 016245 のどごし

A IMG_3753.JPG

「いつだったのか」

この写真をとったときのことを忘れています。たぶん、夏か初秋だったと思うのですが、定かではありません。飲みやすいので、暑い時期だと思います。このような飲み物は季語になりましょうか。難しいでしょうね。俳句の世界の難しい流儀はよく分かりませんが、季語として定着するには時間がかかるらしいです。

しかし、一年中売られていますから、季語だなんだと考えることが違うのでしょう。まとめて「ビール」でよいのかもしれません。でも、それでは微妙な感じが出ませんね。
posted by KAZZ Satoh at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月17日

まちのたね 016244 香る

A IMG_3748.JPG

「プレミアムモルツ」

ずいぶん前と記憶しています。9月の半ばだったでしょうか?このような商品は季節を先取りします。まだまだ秋の気配を味わうには遠いと思っていたような気がします。

先日読み終えたタウトのエッセイに秋を語るものがありました。9月はまだまだ暑く、、、と書いてあったと覚えています。1933年から36年まで滞在したときの実感です。今から80年くらい前の様子ですが、新暦の9月は秋ではありません。

そうなると、新暦の11月は旧暦の10月あたりになりますから、秋真っ盛りという気分でしょう。しかし、のんびりはできません。つるべ落としと言われますが、店頭には冬物語などの商品が出ています。
posted by KAZZ Satoh at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月13日

まちのたね 016238 熊本づくり

A IMG_3876.JPG

「柏で手に入れました」

見つけたときは目を疑いましたが、買いました。そして飲みました。一番搾りのそれぞれの味わいの違いは、繊細なので分かりにくいのですが、それは自分に能力がないことの証です。

そんなことより、こういうことでも熊本の応援に繋がるのであれば幸いです。青森づくり。岩手づくり。宮城づくり。福島づくりも柏で手に入ることを期待してしまいます。
posted by KAZZ Satoh at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月11日

まちのたね 016236 いろいろなエビス

A IMG_3715.JPG

「よい時代」

ビールが大量消費の対象でなくなっているようですが、そのためか様々な飲みごたえが増えています。大きな流れを考えると大変な話でしょうが、個人的には嬉しい。

日本酒も同じような問題を抱えているのかもしれませんが、豊かさがひろまる一歩が始まっているという気がします。
posted by KAZZ Satoh at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月07日

まちのたね 016233 無花果とワイン

A IMG_3672.JPG

「なかなかの」

秋口のことだったと思います。無花果をいただきました。立派なことに感心しました。



A IMG_3674.JPG

「割ってみても、なかなかの」

ほう、美しいものだ。と思いました。油絵の題材になりそうな雰囲気があると思いました。



A IMG_3677.JPG

「ふと、ひらめいた」

赤ワインに合いました。このような嬉しい驚きを「マリアージュ」というのだろうなあ、などと思います。自分には縁がない話題だと思っていましたが、このようなことかもしれません。
posted by KAZZ Satoh at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月05日

まちのたね 016232 意外といけた

A IMG_3669.JPG

「たしか半額で」

もうずいぶんと前のことなので、すっかり忘れています。しかし、意外とおいしかった記憶は残ってます。こういうことがあると、すぐ幸せになります。
posted by KAZZ Satoh at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月04日

まちのたね 016231 大いわて展のころ2

A IMG_3680.JPG

「ホタテ、ウニ、イクラ」

言うことなし。



A IMG_3681.JPG

「ウニとカニ」

言うことなし。



A IMG_3682.JPG

「カキ、イクラ、ウニ」

何も言えねえ、、、
posted by KAZZ Satoh at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月03日

まちのたね 016228 大いわて展のころ1

A IMG_3665.JPG

「からあげというよりは」

天ぷらだったようなきがします。フリッターでしたか。。。。すっかり覚えていません。からあげを選ばなかったことだけ覚えています。美味しかったことも覚えています。



A IMG_3666.JPG

「定番」

大いわて展が柏にやってくると、買ってしまうもののひとつです。ちょっと贅沢気分です。

9月の話です。
posted by KAZZ Satoh at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月31日

まちのたね 016223 秋味

A IMG_3658.JPG

「いつからか」

この数年でしょうか。「秋味」という味覚が提供されています。季節が替わり、食事も変化し、味覚も動きます。それに応えるような味わいです。夏に比べると、濃い味わいです。

ビールの売り上げが伸び悩むと言われていますが、それが幸いと思います。ビールというのは限られた味わいではありません。メーカーによって異なるだけでなく、銘柄によって異なるばかりでなく、季節によってもことなることを「秋味」が教えてくれます。

いまでは、季節ごとの味わいを楽しめるだけではなく、さまざまな考え方での醸造がなされています。こういうことが「豊かさ」だと思います。大量生産、大量消費の時代ではありません。個人個人の思いが満たされることが大切にされている時代です。実は、そうなると人生を楽しまなければなりません。これまで以上に。
posted by KAZZ Satoh at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月29日

まちのたね 016221 一本義

A IMG_3663.JPG

「勝利の美酒に」

シーズンの終盤になってきますと、チームを応援し続けた人々に振る舞いたくなる銘柄です。その心意気に乾杯。という気持ちです。

ですから、ぜひレイソルにはスタンドを埋め尽くす人々に勝利の美酒を浴びるチャンスをください。
posted by KAZZ Satoh at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月21日

まちのたね 016219 瓶を捨てられず

A IMG_3622.JPG

「中味はプリン」

食べ終わった後で気がつきました。食べる前に写真を撮っておくべきだったと。東武アーバンパークライン運河駅から徒歩で僅かの料亭「しんかわ」によるプリンです。

美味しくない訳がありません。運河沿いに咲く桜を愛でながら料理を頂く機会がありました。あのような時間を贅沢と呼ぶのだろうと思いました。あのときは業界団体の会合でした。個人で訪れる機会を作りたいと思います。20年くらい後には。
posted by KAZZ Satoh at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月20日

まちのたね 016218 このプリンは

A IMG_3679.JPG

「健忘症の日々」

写真を撮ったら、すぐにアップしなければなりません。霞みの向こうに沈みゆく記憶の手綱を手繰り寄せると、どうやらこれは「大いわて展」で親が手に入れたもののようです。しかし、もっとも警戒すべきは自分自身ですので、もはや正しいことが分かりません。

たぶんそうなのだろう。ということにして、記憶が溶けながら沈んでいきます。
posted by KAZZ Satoh at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月19日

まちのたね 016217 マイホームスピリッツな

A IMG_3683.JPG

「南部美人」

時折登場してしまう酒です。それは仕方がありません。これが我が家に登場する機会があるからです。両親の実家がある二戸市で作られている酒です。有り難いことに、いただく機会がなくなりません。

叶うならば、来週に二戸に訪れる際に南部美人の蔵元に寄りたいと思っています。見学は11月から可能とのことですので、店先に寄って街を歩きます。城跡もありますし、川も流れています。九戸城址は、なにかと謂れがあるようです。
posted by KAZZ Satoh at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月14日

まちのたね 016211 エゴマ

A IMG_3602.JPG

「南部せんべい」

エゴマによるのか、あっさりした味わいです。この味わいは、今風なのだろうと思います。
posted by KAZZ Satoh at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月06日

まちのたね 016200 祝杯のひとつ

A IMG_3587.JPG

「レイソルが勝った夜に」

いつの試合だか覚えていませんが、レイソルが勝利した日に日立台から帰ってきての写真です。。。。だったと思います。

少し前のことが曖昧です。ですから、それをいいことにして、間違っていてもそれなりに新しい物語を作ってしまいましょう。間違っていなかったら、それはそれで、上塗りをしていきます。
posted by KAZZ Satoh at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月04日

まちのたね 016197 あんずジャム

A IMG_3586.JPG

「あやしき」

何があやしいかというと自分の記憶です。この中に梅干しが入っていたような気がしてなりません。どうだったか、すっかり忘れています。
posted by KAZZ Satoh at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月02日

まちのたね 016195 千葉づくり

A IMG_3584.JPG

「いつのことだったか」

千葉づくり。ご当地ものというものが心をくすぐります。いつに飲んだか忘れてしまっていますが、写真を見ると思い出します。味を思い出すのは、ちょっと難しいです、、、それは、自分の力量がないということを露呈しているということです。
posted by KAZZ Satoh at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月20日

まちのたね 016184 札幌レンガテラス1

A160413 札幌視察 (13).JPG

「再開発事例」

2016年4月に視察で行ってきました。札幌駅近くにできましたレンガテラスです。公道を歩行者専用空間にと問えた場所です。



A160413 札幌視察 (19).JPG

「アイ・ストップ」

整備された広場空間の先に古い建築があります。この広場は、かつてのアプローチ空間を再現し、かつ歩行者のための場所として整えなおしたものです。

さて、このような思い切った決断を他の自治体はできましょうか。まあ、この場所は交通政策的にも大きな障害をもたらすとは思えませんので、ビル再開発とセットにした整備はやりやすかったのかもしれませんが。



A160413 札幌視察 (26).JPG

「ファニチャー」

広場と再開発された建築の境に幾つかの設えがあります。このようなものが、それぞれの場を繋げていると思いました。再開発ビルは大きなスケールを作ります。広場のスケール感やデザインとを溶け合わせるためにも、このようなものが必要と思います。



A160413 札幌視察 (25).JPG

「ガス燈的な」

LEDによる街灯ですが、ガス燈を模したものであることが伺えます。そして、鉄仮面のようにも見えます。
posted by KAZZ Satoh at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする