2017年07月18日

仕事的 160 Tシャツ

A IMG_0040.JPG


「柏二番街商店会」

商店街振興組合柏二番街商店会では、今年度にTシャツとビブスを作りました。二番街としてまちの行事い参加する際は、着用となります。これを身に着けることで、スタッフたちが明快になります。これは、イベントに出演する人だけでなく、街を行きかう人とも区別ができ、かつ二番街商店会の人びとが自主的に活動していることをアピールできます。

自分は、員外理事なので、先日の氷の彫刻展の際には着用しました。
posted by KAZZ Satoh at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

まちづくり関連本、など 1376

A国立西洋美術館.JPG


「東京発の世界文化遺産 国立西洋美術館」
山名善之著、Echelle-1、2016

これを手に入れたのは、「無限成長美術館」というキーワードが分かっていないことと、当時の図面が収録されているからでした。

る・コルビュジェは「無限成長」という思想があったようです。難しい本を読みたくなかったので避けて生きてきましたが、なんとなく、それではまずいような気がしたので手に取りました。これは、建築が竣工したときに建築生命がフリーズするのではなく、その後の時代の変化に柔軟に追随できる仕組みを考えた結果なのだろうと、拙い知識で理解しました。建築は永遠でありたいと思ったのでしょう。そして、永遠の在り方は、完成したかたちにあるのではなく、変化し続ける姿にあるのだと考えたのでしょう。

図面は、もっと「力」を認められるべきものだと思います。手描きの図面は、現代だからこそ展示する必要があります。そこからあふれ出る熱意や愛を開示すべきだと思います。ですから、その片鱗でも感じられるものを見つけると手に取ってしまいます。



posted by KAZZ Satoh at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 017191 

A IMG_0034.JPG

「結果的に」

なぜか、大学の生協で発見します。しかも一度きり。これはどういう仕組みなのでしょうか。今年度は、東大宮の校舎から豊洲に移りましたが、豊洲でも見つけました。

で、見つけると買います。そして、次の機会にも、置いてあるか探してしまいます。






posted by KAZZ Satoh at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

まちのたね 017190 三角地の有効活用

A IMG_0038.JPG

「活用と規制」

少し前の話ですが、柏市まちづくり公社の脇にテントがありました。そこでサンドウィッチなどが売られていました。これは、まちづくり公社による社会実験だったと思います。このような試みが各地で行われることを期待しました。

なぜかというと、街が少し華やぐような気がするからです。そして、おしゃれな風景だと思うからです。

一方、好ましくない露出も生まれます。そのひとつが客引きなどです。それと、露店。季節外れに干し柿を売る露店を見かけることがあります。また、大道芸。これらを全部取り締まるのは無粋なところもありますが、上手くコントロールできる仕掛け作りが必要かと思います。まちづくり公社は、都市再生整備法人でもありますから、その塩梅でも影響力を発揮していただければと思います。
posted by KAZZ Satoh at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 柏名物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鑑賞的 0058 歴史民俗博物館にて

A見世物大博覧会.JPG

「見世物大博覧会 現代編」

千葉県佐倉市にある国立歴史民俗博物館は、なかなかに侮れません。このようなタイトルの展示を行います。「民俗」が重要なテーマの博物館なので当然のことなのかもしれませんが、ちょっとドキッとする企画だと思いました。

昨年度末に開かれた企画の続編という位置づけのようです。今回の目玉は現代編ということもあって、人間ポンプの安田興業社の安田さんによる実演の映像でした。ぼくは、このような映像を昔にテレビで見たことがあります。安田さんだったかどうかは覚えていませんが、人間ポンプの芸を覚えています。子供でしたので、自分にもできるのかもしれないと思いました。

「見世物」という言い方には、なんとなく差別的な雰囲気がなるような気がするのは自分だけでしょうか。しかしながら、言葉が示す意味合いは時代とともに変化するので、当時は今よりも気楽な言葉だったかもしれません。言葉が放つ威力と、実際の状況の変化を緻密に辿り、記録していくことは民俗学が成しえるべき仕事なのだと思いました。ここの博物館は、しっかりと見据えているのだろうと感じます。

ちなみに、安田大サーカスと安田興業社は無縁のようです。つながりがあるのかもしれないと思いましたが、ないようです。
posted by KAZZ Satoh at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 017189 能登のお茶

A IMG_0032.JPG

「石川県のアンテナショップ」

有楽町線の銀座一丁目駅界隈は全国の道府県のアンテナショップが幾つもあります。これは、実は素晴らしいことだと今年度になって気がつきました。全国の名産が手に入るのですから。旅行などで訪れた後に立ち寄れば、思い出が増幅するでしょう。旅行の前に訪れば、事前リサーチにつながるでしょう。

大学で非常勤講師をしていますが、今年度から豊洲へ行先が変わりました。よって、時間に余裕があるときはアンテナショップ巡りを楽しむことができます。
posted by KAZZ Satoh at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月13日

まちづくり関連本、など 1375

A望星1706.JPG

「望星1707」

東海大学が出版している雑誌です。こういうものがあることに驚きます。自分の出身大学では、お目にかかったことがありません。もっとも、自分が知らないだけかもしれません。

なぜ、これを読んだかと言うと、「本まっち」が紹介されているからです。それを教えてくれたのは法制大学の先生でした。そして、その方の奥様で学芸出版の方が、「軒先慕情」のテーマを勧めていました。京都のことも書かれています。建築的にも興味深い話がありました。

しかし、それよりも面白く読んでしまったのは、昭和異聞という連載でした。「おじさ」と「おばさ」とあります。このようなテーマを取り上げて、真摯に検討する姿勢に好感を抱きました。また、「浪花音楽談義」も面白かったです。

よい雑誌をつくられているのだなあ、と思いました。このような雑誌が育まれる大学を羨ましく思いました。
posted by KAZZ Satoh at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仕事的 159 氷の彫刻展C

A IMG_0081.JPG

「余った氷の有り難さ」

製氷会社が、予備の氷柱を置いて行ってくれました。これは、観衆にとってサプライズでした。有り難いことです。氷を実感できました。これを彫ることの素晴らしさを体感できました。



A IMG_0087.JPG

「一等賞」

審査は、氷の彫刻の専門の方と柏の街の重鎮が担いました。その結果、写真にある作品が一等になりました。大会に参加された誰もが納得していたようです。




A IMG_0089.JPG

「見事な風景」

このように思うのは、参加者たちの熱意が昇華したからだとおもいます。
posted by KAZZ Satoh at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 017188 月見何度も

A IMG_0028.JPG

「潰し梅と」

焼酎が家にあったころの話です。潰し梅なるものを買ってきました。あては、羊羹のようです。色を合わせたのでしょう。
posted by KAZZ Satoh at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月12日

まちづくり関連本、など 1374

A月島再発見学.JPG

「月島 再発見学」
志村秀明著、アニカ、2013

本の発行をした会社の住所は佃です。著者は大学教授ですが、月島生まれだそうです。まるっきり、地域内制作ということになります。これは、凄いことです。

昨日(7月11日)に学生を連れて月島に行きました。そのために、その前の週に本を買いました。大学の生協に置いてあったことが助かりました。1週間のうちに2回読むことができました。少しでも頭に入れ込まなければなりませんでした。

慌てて読むにはもったいない本です。「まちづくり」に関わる方は、この本が参考になると思います。とても柔らかく書かれていますし、視野が広い。ハードかソフトか?という二項対立的概念でものを考えても、行き詰ります。それを、この本が軽々と超えているのは、著者が月島生まれで月島のことを研究対象にしているからだと思います。このようなことが起こり得るのが、素晴らしいです。

今度は、もんじゃを食べに行きたいです。しかし、本場に出向く前に何度かリハーサルが必要な気がしています。リハーサルで一生が終わるかもしれません。
posted by KAZZ Satoh at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする