2017年11月14日

鑑賞的 0089 日本の家@

A IMG_1029.JPG

「国立近代美術館」

久しぶりに訪れました。10月の半ばの事です。丁度、一か月前に当たります。端正な建築だと思います。



A IMG_1037.JPG

「記号論の建築」

大学で教わった方の作品です。学生のときは建築よりも建設に興味があったので、先生の授業は関心が薄かったことを思いだします。今では、建設よりも建築を考える側になってしまったので、そろそろ建築と記号論なども視野に、、、入ってこないなかな。正直、難しいのでよく分かりません。



A IMG_1039.JPG

「積み木の家」

こちらの建築家も大学で教わりました。1980年代は、様々な手法が提示された時代だったのでしょう。時代的にはポストモダンでした。そのなかで、先の記号論があれば、こちらの作品のように近代建築の先に生まれるものもありました、これもポストモダンなのでしょうか。よく分かりません。

結果論ですが、この方々は建築の歴史に名前が残りました。今回の展覧会は戦後の建築と暮らしを総括する意図で編まれています。ということは、このお二方は、まぎれもなく日本の建築史を語る上で、それないの立場を築いたことになるのでしょう。何も分からないままに授業を聞いていた自分は、幸運だったのかもしれません。猫に小判であったことは言うまでもありませんが。
posted by KAZZ Satoh at 09:56| Comment(0) | 鑑賞モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

まちのたね 017342 梨と言えば

A IMG_0649.JPG

「我が家にとっては」

梨と言えば、我が家にとっては「すぎの梨園」です。この箱は、今夏、父の新盆供養に頂いたものです。有り難いことです。

来年も、美味しい梨を願っています。
posted by KAZZ Satoh at 10:13| Comment(0) | 柏名物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 017341 夏の思い出

A IMG_0645.JPG

「祝!」

2017年の夏、茨城県代表として土浦日大が甲子園に出場しました。知人が同校OBなので、甲子園に観戦に行かれたそうです。そして、これを頂きました。有り難いことです。



A IMG_0646.JPG

「甲子園の思い出」

その方がわざわざ買ってきてくれたのは、自分の長男が同校のOBだからです。息子たちは卒業して日が浅いので甲子園の快挙に対して少し冷めていますが、知人は卒業してだいぶたちます。そのほうが、母校に対する思いが厚くなるのでしょう。羨ましい出来事だと思いました。なぜなら、自分が卒業した高校は、今はないからです。大学の付属高校でしたが、学校再編等の関係で母校は閉校。そして、別の場所に別の名前で新し学校となりました。
posted by KAZZ Satoh at 10:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 017340 千葉県建築士会 建築士の日報告会

A IMG_0567.JPG

「夏の日の報告」

7月の終わりのことでした。建築士の日というのが7月1日と定められてるのですが、各支部で建築相談会を開催しました。その報告会と後援会が行われました。

「建築相談」の相談実績数は、どの支部も多いものではありませんでした。しかし、件数が少ないからと言って効果がないと決めつけるのは早いと思いました。やる方が慣れていないこともありますが、相談したい側も慣れていません。不動産相談や耐震相談など、似たように思われるものが幾つかあります。どの相談に何を聴きに行けばよいのか、おそらく迷うのではないかと思います。

ですから、可能な限り毎年開催して、互いに馴染むことが大切だと思いました。千葉県建築士会全体としての総意がまとまるまでにも時間がかかると思いました。県内各地の状況の違いをも共有しながら、建築士会の存在をアピールしていければよいのだろうと思いました。
posted by KAZZ Satoh at 09:59| Comment(0) | アクティビティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月12日

まちづくり関連本、など 1415

A呑めば、都.JPG

「呑めば、都」
マイク・モラスキー著、ちくま文庫、2016

いつもお世話になっている方が貸してくれました。こういうものは飛びつきます。貸してくれた人への感謝と、本のタイトルの両方が理由です。

いやあ、面白い本でした。著者は、アメリカ人ですが早稲田大学国際教養学部教授です。全部、日本語で書かれました。文章が上手いです。驚きました。そして、研究熱心です。赤ちょうちんを探し求めながら、その街の歴史や文化を紐解き、かつての負のイメージに潜む魅力を語りながら飲み屋の魅力へ繋げていきます。

著者は、文庫版のあとがきに書いています。熱にうなされていたような書いていたらしいことを。その通りだと思いながら読んでいました。感情移入の度合いが面白かったからです。SNSが大嫌いな様子や、国立の街をクニタチと表現しているあたりに、著者が日本人以上に昭和なオジサン臭い感じが大好きです。

これを読んで紹介されている街に繰り出そうかと思わない自分に気がつきました。もう少し若かったら、溝の口だろうが立石だろうが赤羽だろうかクニタチだろうが出向いたかもしれません。しかし、それはしません。なぜなら、赤ちょうちんに著者ほどの思い入れがないことに気がついたからです。

酒を飲むは好きです。見かけない銘柄を見たら飲みたくなります。しかし、わざわざ赤ちょうちんを求めて電車に乗るまではしません。モラスキーさんは凄いです。他の本が文庫化されたら、手に取ってしまうのでしょう。良い本を紹介していただきました。感謝です。
posted by KAZZ Satoh at 12:38| Comment(0) | 関連モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 017339 ぬいぐるみはお手製

A IMG_0636.JPG

「発掘もの」

夏の終わりに整理をしてたら発掘されました。義母が作ってくれたものです。あれから玄関に鎮座しています。
posted by KAZZ Satoh at 12:27| Comment(0) | 家族的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 017338 銚子@千葉県建築士会支部交流会O

A171021 支部交流会@銚子 (187).JPG

「大懇親会」

エクスカーションが終わると大懇親会です。昨年の支部交流会(習志野)では、手違いがあってことから懇親会参加を拒否されました。しかし、今回はそのようなことはなく、受け入れていただけました。もし、今回も拒否されたならば、建築士会を脱会したことでしょう。

というは話はともかく、銚子で和太鼓が始まりました。「演奏」という言葉が、自分としてはしっくりきません。なんと言えばよいのか。音楽的には「演奏」なのですが。「演技」がよいのでしょうか。



A171021 支部交流会@銚子 (197).JPG

「次回の案内」

次回は、夷隅支部です。「いすみ」と読みます。書きながら思うのですが、どうして「夷隅」という地名になったのか気になります。というのは、漢字表記に「夷」と「隅」が使われているからです。

という話はともかく、夷隅支部のプレゼンテーションは手が込んでいました。素晴らしいと思いました。夷隅支部の次は柏支部らしいので、困りました。どうしたらいいのでしょうか。。。。



A171021 支部交流会@銚子 (199).JPG

「フィナーレ」

銚子支部の皆さま、お疲れ様でした。準備に相当の時間を割いたと聞きました。そうでないと、ここまでできません。自分は懇親会までで帰りましたが、多くの方は泊まります。その後が大変ですね。これも、どうしたものか、、、
posted by KAZZ Satoh at 12:24| Comment(0) | アクティビティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月11日

かけあがれレイソル 0045 

A IMG_0631.JPG

「カリー屋 リリー」

アディショナルタイムズが置かれています。三小通り商店会の会員さんです。ですから、思わず「がんばれ、リリー」と思います。
posted by KAZZ Satoh at 13:04| Comment(0) | まちなかにレイソル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 017337 銚子@千葉県建築士会支部交流会⓯

A171021 支部交流会@銚子 (174).JPG

「波」

台風が近づいていましたが、波はまだ大きくは荒れていないように思われました。観光客でしかない自分にとっては、もうすこし劇的であってほしいと安易に思ったります。いけません。そんなことでは。



A171021 支部交流会@銚子 (176).JPG

「外川の街」

そもそも「外川」という地名は、どのようにして名付けられたのでしょうか。「川の外側」という意味合いだろうと思います。川は言うまでもなく利根川ですから、利根川に面したところが街のメインで、そこではないところという意味合いでしょうか。「外海」という意味合いも含まれているでしょうか。

明るい時間帯に、この風景を眺められればよかったと思いました。



A171021 支部交流会@銚子 (178).JPG

「地形を見る」

まるまる一区画、緑になっています。かつては建物があったのでしょうか。このような風景を見ると、外川の街の土地の在り方がよく分かるような気がします。海に面するところほど風当たりが強いでしょう。一軒奥にいくだけで、かなり状況が変わるのではないでしょうか。

「集まって住む」ということを、改めて考えてみる機会だったのだろうと思います。
posted by KAZZ Satoh at 12:02| Comment(0) | アクティビティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 017336 体験マップ

A柏の体験農園マップ.jpg

「柏の体験農園マップ」

柏には体験農園が11あるそうです。柏の葉と田中方面に6か所。柏駅西口と豊四季駅近くに2か所。柏の南部(逆井、高柳)に2か所。手賀沼方面に1か所となっています。柏の葉や田中は、つくばエクスプレス開通とともに進められている区画整理事業との関連があるのではないでしょうか。

体験農園の実態を知らなのですが、やるからには愉しい+真面目なのでしょう。収穫が上がらなければ残念です。かと言って、入れ込みすぎると大変でしょう。その塩梅をどのように保つかが、愉しみながら長く続けるコツなのでしょう。上手くいかないときがあるから、かえって頑張るのかもしれません。
posted by KAZZ Satoh at 11:51| Comment(0) | 柏名物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする