2017年04月17日

まちづくり関連本、など 1346

Aローマ人の物語 29.JPG

「ローマ人の物語 29 終わりの始まり[上]」
塩野七生著、新潮文庫、2007

久しぶりに再開しました。ローマ人の物語を読むには思い切りときっかけが必要です。今回は、それが巡ってきたと感じましたので読むことができました。この巻からローマの終末が具体的になってきます。ですから、この先を読み進めるのはしんどいものになるでしょう。その覚悟も必要です。

今頃になって思うのですが、塩野さんは日本でリーダーとなるべく人々へ向けて書いていたのだろうと思いました。文庫として出版された2007年よりも、単行本として出版された2002年よりも、2017年に読むことの方が身につまされるような気がするのは気のせいでしょうか。
 先代が盤石にすればするほど、次世代は「魂」の部分を引き継げないかもしれないことは、2000年も前に教訓としてあることを知ります。先代の時代と状況が異なるのですから、引き継げるものとそうでないものと生じるのは当然のことです。しかし、この29巻(文庫版)で読み取れるのは、継承すべきものは何か?という点です。

この巻に登場する皇帝たちは、水鳥が平然としている姿だけを見ていたのでしょう。水面下の足の動作は実践しなかったのでしょう。それをローマ人に当てはめるならば、ここに登場する皇帝たちが属州行脚をしていなかったことを意味します。
 しかし、これは彼らを責められるのかどうか?そのように育てられたのではないか?それこそが弱体化の始まりなのではないか?とうなると、時代がそのような選択をさせるのでしょうか?ローマは終わるべくして終わったのでしょうか?
posted by KAZZ Satoh at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

まちのたね 017099 ハーフ&ハーフ

AIMG_4339.JPG

「一番搾りで」

ピルスナーとスタウトの両方を販売している銘柄はいくつかあります。たまたま、一番搾りの組み合わせでした。昨年のことと思います。

両方を半分ずつにするから「ハーフ&ハーフ」です。当たり前ですが、人によってはスタウトはクォーターでいいという人もいるでしょう。そうなると3/4&1/4ということになります。英語での言い方が分からないので数字にしてしまいました。

もしくは、ハーフ&クォーター&クォーターという人もいるかもしれません。ピルスナーとスタウトとジンジャエールとか、、、


などと書いていましたが、片方は一番搾りではありませんでした。失礼しました。
posted by KAZZ Satoh at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 017098 まちづくり憲章がCDへ

A IMG_4661.JPG

「柏駅周辺まちづくり憲章」

「柏駅周辺まちづくり憲章」通称「ラブカシ」が基となり、歌ができました。柏はストリートミュージシャンの街であり、ジャズ愛好家の街であり、吹奏楽の街でもあります。そういうことで、歌ができました。そして、ついに。。。



A IMG_4662.JPG

「CDとなりました」

柏アーバンデザインセンターで配布されています。面白いことです。これを作曲した方はプロのミュージシャンですから、ご自身のライブでは必ず歌われているのだと思います。
posted by KAZZ Satoh at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 柏名物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

まちのたね 017097 鯛焼き

AIMG_4348.JPG

「天然もの」

たしか、「天然鯛焼き」と謳っていたように記憶しています。ずいぶんと前に頂いたものなので、定かではありません。

美味しかったということは覚えています。
posted by KAZZ Satoh at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

てぬぐい 0019

A IMG_4663.JPG

「樹木文字」

魚介類の漢字を並べたものは、よく見かけます。寿司屋の湯飲みとかで。
これは、樹木です。見たこともない漢字もありました。



A IMG_4666.JPG

「竹中大工道具館」

ゼネコンとして著名な竹中工務店が運営している「竹中大工道具館」で販売されています。竹中工務店は大工魂を大型建設工事や設計に吹き込んでいるという表明のような博物館でした。たぶん、社員は全員持っているのだろうと思います。汗ふくときは、このような手ぬぐいが使われるのでしょう。
posted by KAZZ Satoh at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | てぬぐい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

まちのたね 017096 KJSO

A161016 KJSO @ アートラインかしわ2016 (1).JPG

「柏ジュニアストリングオーケストラのワークショップ」

2016年の秋のことです。柏ジュニアストリングオーケストラがアートラインの一環でワークショップをしました。個人的には、好きなイベントです。弦楽器に触れる機会が少ない中で、青空の下、クラシック音楽に親しむ機会を作っています。

自分が、少しずつクラシック音楽に馴染んできているから思うのですが、音楽に貴賤はなし。ポピュラー音楽ばかり聴いている人はクラシックを遠ざけ、クラシックばかり聴いている人はポップスを敬遠する傾向があるように思われますが、そんなことを気にせずに「ただの音楽」と思えれば楽なのに、、、と思います。

ところで、今年もファミリー広場で開催されるのでしょうか。そうであれば、また観に行きたいと思います。もし、別のところで行われるのであれば、探しに行こうと思います。
posted by KAZZ Satoh at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ART LINE 的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かけあがれレイソル 0007

A IMG_4622.JPG

「かつての」

我が家のタンスを整理していたときに発掘しました。シジマールのサインが入っているので、一回も洗濯していません。ですから、これを着て汗をかくことをしていません。

実は、そういうことが良くないのかもしれません。胸に書かれているメッセージを自分に定着させるためにも、着古してサインが薄れるくらいにならないといけないのかもしれません。

チームが勝ち損ねているときは、このような阿保なことを考えてしまいます。
posted by KAZZ Satoh at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | まちなかにレイソル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

まちのたね 017095 この街は

A IMG_4668.JPG

「千葉駅」

先日、千葉に行く機会がありました。千葉駅ビルが一部営業を始めているようです。そして、街なかでは三越とパルコが閉店しました。時代の移り変わりをまざまざと見せつけられているように思います。栄枯盛衰などという難しい言葉を引っ張り出さなくとも、悲喜こもごもな感情が沸き上がります。

なぜ、こんなことを書くのかと言うと、「街はどうなるのだろう?」と気になるからです。千葉の街が衰退しようが、盛り返そうが自分には大きな問題ではないというのが商事かいなところです。しかし、千葉の街の動向は「事例のひとつ」であることは間違いありません。今の時代、JRが本気になるとこうなるのだということを示してくれています。

新宿や渋谷や池袋のようなところはJRや東急などの電鉄会社が駅を中心に再開発を繰り返したとしても、街に力があるから起爆剤と受け止められるでしょう。しかし、千葉はどうでしょうか?賑わいの印象が高まるでしょうか?もともと街の規模が大きいので、人が多く集まっているのでしょうが密度が高い印象が薄いです。

今後、年に何回か千葉に足を運ぶことになりますので、そのたびに印象を綴っていきたいと思います。
posted by KAZZ Satoh at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 017094 こわれかけのCDラジオと

A IMG_4625.JPG

「CDが」

音が出なくなりました。ラジオは健在です。CDを読み込めなくなりました。

心臓部である読み取り部分の作動がおかしいので、途中で止まります。そもそも読み取れないときもあり、かつ出てこなくなります。原因を推測するに、CDだ上下に出入りするのですが、その機能が上手く働かなくなったようです。

しかたがありません。買い替えです。



A IMG_4624.JPG

「妥協していないと言えばウソになります、、、」

持った瞬間に、「あら?軽い」と思いました。その時点で、赤いCDラジオに劣ることが分かりました。

赤いほうはソニーです。新しいほうはJVCです。ソニーの新種もありましたが、CDの機構が同じなので諦めました。今回は、長持ちしてくれることを優先して平置き。しかも、飲み込みタイプではないものとしました。ですから、音質重視ではありません。

とは言うものの、音質の違いに戸惑いました。人情というものです。ですから、ラジオは赤いほうで聴くことにしました。もしかしたら、うっかりCDの具合が良くなるかもしれません。そんな淡い期待を抱きながら捨てないこととしました。

では、新しいほうはどうかと言うと、慣れは怖いものです。LPプレイヤーを聴いている気分になればいいものだと思うようになりました。少し籠る感じの音を「温かい」などと思ったりして、、、、つまりは、自分の馬鹿さ加減に気がつかされる、というお話でした。
posted by KAZZ Satoh at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

まちづくり関連本、など 1345

A井上道義 ショスタコーヴィチ 交響曲全集.JPG

「井上道義 ショスタコーヴィチ交響曲全集」
2017

今年の2月に発売されたばかりのようです。千葉県少年少女オーケストラの定期公演で販売されていました。

井上さんがショスタコーヴィチ交響曲を全曲指揮したと聞いていましたから、このアルバムは自分にとっては待望のものです。12枚組でとても丁寧にまとめられています。ロシア構成主義的なパッケージデザインも好きです。

さて、演奏ですが、交響曲の最後から聴いています。そして、今、ブログの記事を書いているこのときは交響曲第1番に辿り着いています。聴きながら書いています。どの演奏も、井上さんの渾身が伝わってくるように思いました。できることなら、しっかりとしたオーディオ装置で聴きたいと思います。

この全集が素晴らしいのは、千葉県少年少女オーケストラの演奏も収録されていることです。第1番を演奏しているのですが、ショスタコーヴィチが19歳のときの作品だそうです。それを井上さんが、同年代の若きオーケストラに演奏させました。全集のCD1枚目には第1番がふたつ収録されています。最初に聴けるのはサンクトペテルブルク交響楽団で、その次に千葉県少年少女オーケストラの演奏が収録されています。

全演奏を日比谷公会堂で行ったそうです。この企画も凄いと思いましたが、千葉県少年少女オーケストラも日比谷公会堂で演奏したそうです。そして、彼らの演奏を聞いた他のオーケストラの目の色が変わったらしいということを聞きました。全編が気迫に溢れているのは、井上さんの執念によるものだけでなく、若きオーケストラがもたらしたものを要因のひとつなのではないかと思います。

もう少しで、千葉県少年少女オーケストラの演奏が始まります。
posted by KAZZ Satoh at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする