2020年06月19日

まちのたね 020282 2019函館-7

190921 建築士会全国大会 二日目 (127)_R.JPG

「夜をさまよう」

建築士会全国大会の夜に同じの支部の方々と呑みに出ました。函館の夜の明るさを暗さを味わいながら。



190921 建築士会全国大会 二日目 (137)_R.JPG

「いか」

透明な烏賊を昔は東京圏では食べられませんでした。運送と冷蔵の技術が発展したことで、柏でもこのような烏賊をいただくことができる時代となりましたが、函館でいただくことは格別に思いました。



190921 建築士会全国大会 二日目 (140)_R.JPG

「そしてラーメン」

なぜ、人はそんなに食べるのでしょうか。おいしいラーメンでした。自分たちが入った後は行列ができました。よいタイミングで入れたことを嬉しく思いました。
posted by KAZZ Satoh at 09:18| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月18日

まちのたね 020281 ストーリーズ157

BLTD2316_R.JPG

「いただきもの」

国からではありません。母親の知人がくれました。女性用です。こういうことが近所で起きているので、自分のところの街は、まだ大丈夫なのだろうと思いました。

アベノマスクは6月に入って、ようやく届きました。国が行うもののスピード感の鈍さは、今回だけのことではありません。もしかすると、お役人様は、今回は早くできたほうだ。などと思われている人がいるかもしれません。

しかしながら、現実的なことを想像していみると、現場側は相当に大変だったと思います。何の準備もできていなところに、急に全世帯にマスクを配れという指示が下されたときに、それの実現化は相当に困惑しながらの作業だったのではないでしょうか。アパートの空き室にもマスクが投函されていました。それは全世帯ではありません。全戸数です。おそらく空家にも配布されたのでしょう。でも、他にやりようがあったのでしょうか?とにかく、配るしかなかったのだろうと思います。そうなると反省し改善すべきは、平時に有事を想像しながらのシステム構築なのだとうと思いました。

マジメな話になってしまいました。
posted by KAZZ Satoh at 09:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 020280 2019函館-6

190921 建築士会全国大会 二日目 (89)_R.JPG

「記念講演」

建築士会全国大会の記念講演という言い方でよかったか覚えていませんが、藤本壮介さんが登壇されました。この方の話を聞くのは初めてだったので楽しみにしていました。昨年度まで大学院生だった人が学部生の時に藤本さんの講演を聞いて建築を頑張る気持ちになったようなことを行っていたからです。このような方の話を聞いていると、いつの時代も面白い人というか可能性のある人というか凄くできる人というか、そういう人が出現することに気がつきます。ですから、いつの時代も捨てたものではありません。



190921 建築士会全国大会 二日目 (118)_R.JPG

「次年度」

次年度、つまりは2020年度は広島で大会が予定されていました。そのための告知活動です。遠目でみても「広島」と思うのは、「カープの赤」だからでしょう。

しかし、残念ですが、延期が決まりました。2020年度ではなく2021年度に開催予定となりました。



190921 建築士会全国大会 二日目 (123)_R.JPG

「ホテルに」

函館二日目のホテルは街なかでした。そこにタイタニックがありました。こういうものに出くわすのが、旅行の愉しみでもあります。
posted by KAZZ Satoh at 09:05| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月17日

まちづくり観連本、など 1711 木を活かす建築推進協議会

住宅省エネルギー技術講習_R.jpg

「住宅省エネルギー技術講習」
省エネ講習資料作成WG監修、一般社団法人 木を活かす建築推進協議会発行

2019年の秋だったと思います。講習を受けました。国交省からのハガキだったかで、この講習の案内が届きました。なんとなく、こういうものを受けておかないと仕事に大きな影響を及ぼすのではなかいかと勘繰りました。講習を受けていない設計事務所は業務遂行がかなりマイナスになるのではないかと思いこみました。

ですから、、、、という訳ではありませんが、講習内容がうろ覚えなことに気がついたので、ここのところ時間を割いてテキストを見直しました。

個人住宅の設計では省エネ基準に関しては「説明義務」というものです。それはどういうものなのか?改めて確認をすることとなりました。
そして自分なりに理解したのは、
@省エネ基準を満たしていない場合は、その説明と改善方策を考える。ただし、改善するかどうかは、施主の考えによる。お金が絡むので、適合させることは義務ではない。
A省エネ基準の設定は、どうやら少なくともこのレベルはキープしてほしいし、基準を満たす努力をしてね。というもの。省エネ基準よりも優良住宅基準などのほうが基準が厳しい。
B設計者よりも施工者に周知したい。断熱材の施工がおざなりだと省エネ効果が低下してしまうので。
Cそのためにも、簡易計算ルートを示し、街場の設計者や施工者たちにも馴染みやすくした。

CO2削減に向けて多くの建築従事者が認識を変えていく機運づくりのひとつでもあるのだとも思いました。改めてテキストを読み返すと、ややこしいことが多いけど、なんとかなりそうだと思えてきます。ひと安心です。

そして、数か月後にまたテキストを読み返して、安心するのでしょう。
posted by KAZZ Satoh at 21:01| Comment(0) | 関連モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 020279 一番搾り

IMG_6829_R.JPG

「超芳醇」

一番搾りはラガーに比べるとすっきりとした味わいだから、超芳醇のほうなものはどんなものなのか?などと半分文句を言いたいフリをして買います。
posted by KAZZ Satoh at 09:06| Comment(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 020278 ストーリーズ156

A XJXR2543.jpg

「やのとあがつまとあがつま」

「やのとあがつま」のアルバムを購入したときに「あがつま」の20周年記念アルバムがあることを知りました。特典が手ぬぐいだったこともあり、併せて買ってしまいました。買って、よかったです。
posted by KAZZ Satoh at 09:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 020277 2019函館-5

190921 建築士会全国大会 二日目 (78)_R.JPG

「全国大会の愉しみ」

全国各地から建築士が集まります。ですから、開催地ではご当地ものをアピールします。いいですね、ということで多くの方が歓談をします。



190921 建築士会全国大会 二日目 (80)_R.JPG

「はこだてビール」

クラフトビールが各地で作られている現代は、自分にとって嬉しい限りです。
posted by KAZZ Satoh at 09:01| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月16日

まちづくり観連本、など 1710 森重湧太

A 見やすい資料の一生使えるデザイン入門.JPG

「一生使える見やすい資料のデザイン入門」
森重湧太著、インプレス、2016

今、読み終わった本で吾ありません。ずっと、書き込みができないでいたもののひとつです。それでも今回取り上げたのは、自分呂リセットする必要があると思うからです。この本のおかげで、パワーポンと資料作成のコツを少しは掴んだような気になりました。ですから、何年か前のことですが、資料の作り方を変えることができました。しかし、あれから何年かたって、再び改善が必要な気持ちになってきました。

作らなければならない資料は、今はありません。かえって、この時期がよいタイミングなのではないかと思うようになってきました。この本が分かりやすいのは、多くの人がやってしまいそうな上手くないレイアウトと、その改善策が見開きで完結に紹介されているところです。この本に書かれている改善を試みるには、自分の場合は「興味ない人」や「専門でない人」になり切って自分の資料を見つめる訓練だと思いました。他人が分かってくれないのは、自分の表現が分かりにくいから。と、肝に銘じて。
posted by KAZZ Satoh at 09:22| Comment(0) | 関連モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 020276 ストーリーズ155

A UCYS6666.jpg

「誰が?」

運送屋さんに向けてのメッセージであることは分かりますが、受け取る人に向けてだったら面白い。と、思いました。
posted by KAZZ Satoh at 09:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 020275 2019函館-4

190921 建築士会全国大会 二日目 (34)_R.JPG

「Re」

建築士会全国大会北海道大会でした。サインには「Re」が見えます。これが、このときのテーマでした。そしてアイヌの文様を思いました。



190921 建築士会全国大会 二日目 (47)_R.JPG

「ジョージア」

缶コーヒーも北海道仕様がありました。つい、買ってしまいます。



190921 建築士会全国大会 二日目 (50)_R.JPG

「まち?」

会場となった函館アリーナの回廊に幾つかのレリーフが飾られています。「まち」と読めますが、これで正しいのか、忘れてしまいました。



190921 建築士会全国大会 二日目 (54)_R.JPG

「会場」

アリーナというスペースは、年間どのくらい使われるのだろうか?などと余計なことを思いながら、大きさを感じていました。都市運営というのは難しいと思います。このような施設は求められるもののひとつですが、運営がうまくいかないと「お荷物」のように言われます。おそらく、いつの時代も「ソフト」の問題なのではないかと思います。企画から計画。そして運営。建築行為の以前と以後のことは誰がディレクションやマネジメントしているのか。などと考えます。
posted by KAZZ Satoh at 09:05| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする