2018年06月19日

まちのたね 018197 

A IMG_2044.JPG

「社会実験」

柏市まちづくり公社による社会実験が昨年度の末に行われていました。と、記憶しています。このようなことが行われるのはよいことだと思います。一方で、いつまで「実験」なのだろうとも思います。「実践」にしてしまえばいいのに。とも思いますが、クリアしなければならないことがいろいろとあるのでしょう。おそらく。
posted by KAZZ Satoh at 10:52| Comment(0) | 柏名物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月18日

まちのたね 018196 2月のころ

A IMG_2041.JPG

「千葉駅構内」

いわゆる「えきなか」で見つけました。素敵な箱です。




A IMG_2038.JPG

「そして」

中身も素敵です。値段も素敵でした。年に何度かでも、このような素敵なものを味わうことはよいことです。幸せな気分になります。やはり、ときおりの贅沢は大事なことだと思います。贅沢する理由があるのも大事なことです。人生はいい訳半分ですから。
posted by KAZZ Satoh at 13:13| Comment(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちづくり関連本、など 1481 柏カレーPRESS

Aかしわカレー図鑑.JPG

「かしわカレー図鑑」
柏カレーPRESS発行、2018

編集とデザインをされた方および取材と文章を書かれた方は面識のある方々です。このような冊子が出来上がることは、街が豊かであることを物語っていると感じます。

このようなものを創ることができる人たちが「マチオモイ帖」を作ると柏も素敵な街に見えるのだろうと思います。
posted by KAZZ Satoh at 13:07| Comment(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 018195 都内旅行F

A171123 柏法人会 日帰り旅行 (85).JPG

「スカイツリーがある風景」

これが当たり前の景色になってしまいました。なかったときと現在との違いはなんでしょうか?住民にとっても影響があるでしょうか。浅草からみて東側に因るの目印ができたことは事実ですが。季節感も演出されているでしょうから、そこから季節を感じる人もいるのでしょう。



A171123 柏法人会 日帰り旅行 (86).JPG

「ライトアップ」

江戸のころはライトアップはあったのでしょうか?松明を用いることとなるでしょうが、それはそれで見応えがあったのではないでしょうか。多くの火が灯されるので、現代よりも迫力があったのではないかと思います。そして、熱かったでしょう。



A171123 柏法人会 日帰り旅行 (94).JPG

「三日月」

建物との距離感が難しいと思いました。毎日のように眺めていないと、いい写真は撮れないのでしょう。



A171123 柏法人会 日帰り旅行 (101).JPG

「綿帽子」

11月23日だったと記憶していますが、このようなものを見ることができて何よりです。美しいものを見たと思いました。
posted by KAZZ Satoh at 12:56| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月16日

まちのたね 018194 本麒麟

A IMG_2037.JPG

「ビールではないものが」

ビールのカテゴリーにないものが「本」という名称です。どういうことだろうか、と思いながら飲んだことを思い出します。この商品が出始めのころです。たしかに美味しいと思いました。また買うだろうと思いました。しかし、なぜ「本」なのだろうという疑問は晴れていません。晴らす必要はないので、ほったらかしにしていました。
posted by KAZZ Satoh at 14:42| Comment(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 018193 都内旅行E

A171123 柏法人会 日帰り旅行 (77).JPG

「見えなくなるもの」

ライトアップは美しいです。この写真を撮っていた昨年の11月は、浅草が美しく見えることに驚いていました。しかし、あれから何か月かしてみると、「見えなくなったもの」があることに考えが及びます。



A171123 柏法人会 日帰り旅行 (78).JPG

「うん」

阿吽は「あうん」と読みます。漢字から判断するに、この像は「うん」です。



A171123 柏法人会 日帰り旅行 (79).JPG

「あ」

そうなると、こちらは「あ」です。仏像に関するウンチクを書ければ様になるのでしょうが、このブログは様になっては意味がありません。それは、もともと意味がないからです。



A171123 柏法人会 日帰り旅行 (80).JPG

「灯籠」

提灯と呼ぶのか。灯籠と呼ぶのか。モノには呼び名があります。呼び名がないものはどうしたらよいのでしょう。UFOは未確認飛行物体という意味ですから、そのような感じの羅列になるのかもしれません。

しかしながら、人は年をとると「あれ」とか「あの」とかで片付けることが増えます。「それ」でいいのかもしれません。
posted by KAZZ Satoh at 14:37| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちづくり関連本、など 1480 槇文彦

A 残像のモダニズム.JPG

「残像のモダニズム」
槇文彦著、岩波書店、2017

買ってすぐには読めず、磯崎さんの「建築家捜し」を読んだらモードに入りました。そして、読み終えることができました。これで、槇さんのエッセイ三部作を読み終えました。

今回の核となるエッセイは「Another Utopia」のようです。読んでいるときにそのように思いましたが、槇さん自身もそのように語っています。前回のエッセイ集では表題となった「漂うモダニズム」が核だったことは間違いありません。そして、今回のエッセイ集(槇さん自身がそのように表現しています)は、明らかに「漂う」を受けてのものです。それと「新国立競技場」問題。

槇さんは、おそらく、三部作という区切りをつけたかったのではないかと思いました。インタビュー2本(ペイとコスタ)を収録したのも、文量を稼ぐためのような気がします。しかし、このふたつのインタビューは、とても面白いものでした。「モダニズム」をデザインソースとして仕事をしてこられた建築家が「モダニズム」を総括しようとしているのだと感じました。

そのなかで、自分なりに掴んだキーワードは「都市デザインとしての建築」です。「群造形」のころから一貫して「建築」と「都市」の関係を考え続けてこられた様子がよく分かりました。自分にとっても、大切な考え方のひとつです。建築をつくるために建築をつくる、というよりも都市の一部となる建築をつくる、という姿勢を大事にしていかなければならないと改めて思いました。

posted by KAZZ Satoh at 11:51| Comment(0) | 関連モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月15日

つきすすめレイソル 0034 ドン

A IMG_2034.JPG

「弁当」

レイソル丼という弁当です。鳥カツです。いや、鶏の唐揚げです。
今は、ワールドカップ機関です。中村航輔選手と酒井宏樹選手の活躍を期待しています。
posted by KAZZ Satoh at 18:16| Comment(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 018192 見えるか

A IMG_2033.JPG

「渋谷」

たしか、あのブリッジのようなところに岡本太郎の絵が飾ってあるはず。と、思いながら写真を撮りました。いつの頃か、覚えていませんが。。。
posted by KAZZ Satoh at 18:11| Comment(0) | 野帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 018191 都内旅行D

A171123 柏法人会 日帰り旅行 (62).JPG

「バイキング」

新宿のヒルトンホテルだったと記憶しています。平日だと、いや祝日でした。大にぎわいでした。ランチタイム・バイキング。こういう場は、やはり贅沢だと思います。こういう場所に来るのが「当然」と思われていた時代があったように思います。いわゆる「バブル」のころは、そのような気分だったのではないでしょうか。



A171123 柏法人会 日帰り旅行 (66).JPG

「雨上がりの浅草寺」

都内旅行の締めくくりは浅草寺でした。雨ふりでなければ、ここから始まる予定でした。有り難いことです。夕暮れの浅草寺を見ることができました。



A171123 柏法人会 日帰り旅行 (68).JPG

「そして」

アーケードを見ると写真を撮ります。とりあえず。。。。職業病です。



A171123 柏法人会 日帰り旅行 (74).JPG

「仲見世通りの威力」

夜の仲見世通りは、一言で言えば、露光オーバーです。
posted by KAZZ Satoh at 18:08| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする