2017年08月02日

まちづくり関連本、など 1381

A ローマ人の物語 36.JPG

「ローマ人の物語 36 最後の努力[中]」
塩野七生著、新潮文庫、2009

[上]がディオクレティアヌスでした。そして、[中]はコンスタンティヌスです。古代ローマの皇帝がキリスト教と関わる時代、そしてその少し前から「ヌス」系の名前をもった皇帝が多く登場します。この本にも過去をふりかえるかたちでハドリアヌスが再登場しますが、テルマエ・ロマエにも登場する皇帝も「ヌス」派です。これまでのローマ史に関わる方々は、おそらくこのような分類はしなかったでしょう。意味がないからです。

さて、話を本の中身に移しましょう。ローマ史を扱う研究者のなかには、コンスタンティヌスまででやめてしまう人が少なくないらしいです。それは、コンスタンティヌスからローマではなくなるからとのことです。政治の仕組みが変わり、信仰の面でもキリスト教を容認していく姿勢は、もはやローマではないらしいです。しかし、著者は「ローマ人」を描く物語を書いているので、「ローマ」でなくなっても「ローマ人」がいる限り書いているとのことです。

なるほど。著者の姿勢が明確に現れました。「国」を描くのか?「人」を描くのか?では、大河ドラマとやらは、何を描いているのか?テレビドラマや映画という手法は、何を描くのが適しているのか?そして、何を伝えたいのか?塩野さんは「人」を描くからこそ、時代がずれたことを同情します。この描き方のほうがフェアなような気がします。

「国」を描くことに主眼を置くほうが、登場人物に容赦ないのかもしれません。独断と偏見でしょうか。
posted by KAZZ Satoh at 15:34| Comment(0) | 関連モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

まちのたね 017205 一番搾り、さまざま

A IMG_0152.JPG

「各地に乾杯」

6缶セットに各地のご当地テイストが入っていました。1本だけ、オーソドックスな味わいでしたので、5か所ということになります。

新潟と長崎です。。。。すみません。味わいは、もう忘れてしまいました。
もはや「カンパイ!」と言うしかありません。
posted by KAZZ Satoh at 10:11| Comment(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仕事的 162 ハロウィンのころ

A161030 二番街ハロウィン (26).JPG

「二番街ハロウィン2016」

昨年の秋のことです。柏二番街でハロウィンイベントが行われました。こちらは、企画から当日の運営まで携わりましたので、「仕事的」です。

写真は、ドン・キホーテ柏駅前店に設置した写真撮影コーナーです。



A161030 二番街ハロウィン (84).JPG

「ドン・キホーテのみなさまも」

柏駅東口よ西口の両方にまたがるイベントでした。柏の街としては、柏まつり以外には無かったかもしれません。二番街にドン・キホーテがありますが、スタッフたちはノリがよいです。このような姿勢が街を面白くしていくのだと思いました。



A161030 二番街ハロウィン (81).JPG

「そしてアートラインかしわも」

秋という季節は様々なイベントが同時多発的に行われます。アートラインかしわ2016のプログラムとして、日体柏高校の演劇部が路上スタンツを演じてくれました。



A161030 二番街ハロウィン (109).JPG

「つまらないなら」

「つまらないなら、詰まれ」というパフォーマンスです。高校生のパワーが街に、どのように響いたでしょうか。それを一生懸命に取材するのがLNN柏です。



A161030 二番街ハロウィン (87).JPG

「そのほかにも」

「音街かしわ」のイベントでしたか、こちらも同時多発的に行われていました。自分が二番街に関わっていて、このイベントを知らなかったのはマズイことでした。情報の共有が出来ていません。自分が、率先してやらなければならないものです。



A161030 二番街ハロウィン (138).JPG

「ムンク!」

被ると、やりたくなります。

2017年は、どうなるのか分かりません。柏駅周辺全体での企画があるようですが。
posted by KAZZ Satoh at 10:07| Comment(0) | 仕事的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月29日

かけあがれレイソル 0026 ステッカー

A IMG_0189.JPG

「今年の日立台」

個人的に気に入っていることは、これです。スタジアムが少しずつデザイン的にかっこよく整えられています。その上で、このようなステッカーが見られます。レイソルへの愛。サッカーへの愛。まちへの愛。などなどが可愛く表現されているように思います。

これが、ファン感謝デーに繋がっていくとは、思いもよりませんでした。
posted by KAZZ Satoh at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | まちなかにレイソル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仕事的 161 サイネージ

A 161021 デジタルサイネージ ハロウインイベント (4).JPG

「二番街の仕事」

柏二番街が昨年の秋にハロウインのイベントを行いました。その際に、制作したプロモーションビデオです。こちらは、全体の統括的な仕事なのですが、分かりやすく言うと雑務全般です。ビデオ制作される方のサポートです。企画段階から。イベント実施まで。



A 161021 デジタルサイネージ ハロウインイベント (8).JPG
posted by KAZZ Satoh at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月28日

てぬぐい 0022

A IMG_0175.JPG

「世界遺産」

西洋美術館のてぬぐいです。これは買いです。手ぬぐいのプロポーションと西洋美術館の外観が丁度よいようです。つまり、それだけ横長です。自分がスケッチをすると、そのようになりません。どうしても寸づまった感じになります。

戒めの思いで「買い」です。
posted by KAZZ Satoh at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | てぬぐい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かけあがれレイソル 0025 BBQ

A170722 レイ・ボラ BBQ (2).JPG

「ボランティア部会の行事」

毎夏にレイソル後援会ボランティア部会のバーベキュー大会が行われます。例年は柏まつりの日程と被っているので参加できませんでした。自分が柏まつりに参加しているからではなく、大学の恩師の別荘に行っているからです。

今年は、1週間早まったので、参加できました。今年はサプライズがありました。黒毛和牛とかイベリコ豚とか。しかし、参加者が伸び悩んだようで、食べきれない感じでした。飲み物も余りました。

参加者の高齢化と参加人数の伸び悩みの両方が露わになりました。対策を考えないとなりません。

posted by KAZZ Satoh at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | まちなかにレイソル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 017204 

A IMG_0151.JPG

「冷やし中華」

今年の6月くらいでしょうか。5月だったでしょうか。ああ、もう忘れています。

冷やし中華は、1回は食べます。しかし、あまり食べません。嫌いではないのですが、少し足りないような気がするからでしょう。


posted by KAZZ Satoh at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

まちのたね 017203 大阪方面

A IMG_0149.JPG

「箕面」

「みのう」ではなく「みのお」でした。おいしいビールです。これを柏で飲める有り難さ。


posted by KAZZ Satoh at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

まちづくり関連本、など 1380

A建築十字軍.JPG

「建築十字軍」
ル・コルビュジエ著、井田安弘訳、東海大学文化選書、1978

ずっと本棚に眠っていたのですが、ひょんなことから読んでしまいました。ページに折り目がついている箇所が幾つもありました。ということは、一度読んでいたのでしょう。しかし、ちっとも覚えていませんでした。読んだことも覚えていませんでした。

副題に「アカデミーの黄昏」とあります。1932年にエコール・デ・ボザールの教授であるウムデンストックの後援が行われたそうです。そこで、コルビュジエたちの建築に対して批判めいた内容が天かいされました。それを知ったコルビュジエが反駁を行って書かれたのが本書です。

面白いのは、ウムデンストックもコルビュジエも自らを「十字軍」と名乗ります。つまり敵がいて、失地回復を挑もうとする両者だということです。フランスでは「十字軍」は善いものとして捉えられているのでしょう。現在のことは分かりませんが、少なくとも当時は。

この本が秀逸なのは、解説鼎談が掲載されていることです。翻訳者と建築評論家とコルビュジエの弟子による鼎談は、アカデミズムへの反抗の解説がとても興味深いものになっていました。コルビュジエの弟子である前川国男が登場するのですから、当時の様子が見えてきます。コルビュジェの剣幕文章よりも、はるかに面白いと思いました。


posted by KAZZ Satoh at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする