2018年03月25日

まちのたね 018116 ドレッシングふたつ

A IMG_1695.JPG

「かしわかあさん」

柏市にある農家「すぎのファーム」は「かしわかあさん」という事業所を持っています。そこでつくられているもののひとつがドレッシングです。2種類ありました。少し前に買ったのですが、どちらもおススメです。

できることなら、柏の街なかでも買えると嬉しいです。



posted by KAZZ Satoh at 11:30| Comment(0) | 柏名物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 018115 福井へ、金沢へA

A171025 柏商工会議所 商業1部会視察 (22).JPG

「福井駅近くの商店街」

アーケードがかかる商店街は、必ず写真を撮ります。柏二番街に仕事として関わっているからです。「にぎわいづくり」というキーワードは、とても危険なフレーズだと思います。



A171025 柏商工会議所 商業1部会視察 (23).JPG

「視覚障碍者誘導ブロック」

視察に行くたびに気になることが幾つかありますが、このブロックもそのひとつです。なぜ、黄色ではないのか?黄色でなくていいではいか。と思います。千葉県内は黄色でないと許可が下りないそうですが、その権限は誰にあるのでしょうか。そこまで定められる根拠を知りたいと思います。



A171025 柏商工会議所 商業1部会視察 (24).JPG

「雪国の片側アーケード」

道路の幅が広く、かつ歩道空間に余裕があるので片側アーケードも立派に見えます。福井の街のアーケードは、ガラスが使われ明るくなるように設えられています。かつてのような暗いイメージがありません。技術の進歩だけでなく、計画力の進歩でもあると思います。



A171025 柏商工会議所 商業1部会視察 (28).JPG

「歴史的な」

なんとなくですが、「昭和の遺構」的な佇まいです。残すべきかどうあは分かりませんが商店街が続く限り、個人的には保全されることを期待します。時間がなかったので、中に入ることができませんでした。残念です。
posted by KAZZ Satoh at 11:26| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月24日

まちのたね 018114 福井へ、金沢へ@

A171025 柏商工会議所 商業1部会視察 (1).JPG

「金沢駅」

2017年10月下旬、商工会議所の視察で金沢駅まで新幹線で来ました。久しぶりです。前回に訪れたのは、建築士会全国大会でした。しかし、ここで乗り換えです。



A171025 柏商工会議所 商業1部会視察 (2).JPG

「サンダーバード」

金沢から、西へ向かいました。



A171025 柏商工会議所 商業1部会視察 (3).JPG

「福井駅前」

再開発が着々と進んでいるようです。この後に、駅周辺の再開発とまちづくりについて話を聞きました。再開発は大きな変化のように感じますが、実は都市は常に変化しています。それに鈍感になっているだけかもしれません。普段は。



A171025 柏商工会議所 商業1部会視察 (15).JPG

「駅舎」

駅舎はどのようにあるべきでしょうか。鉄道事業社にとっての駅と、街にとっての駅は考え方にズレが起きるものです。折り合いをつけて「街の顔」になってほしいものです。福井に降りたという感慨は、まず駅と駅前の風情が醸成するものだと思います。



A171025 柏商工会議所 商業1部会視察 (11).JPG

「ソウルフード」

福井でのかつ丼は、他で言う「ソースかつ丼です。カツの下にキャベツがあります。卵とじではないかつ丼も美味しいものです。福井に来て食べるべきもののひとつではないでしょうか。美味しい魚介類ばかりでなく、庶民の味と呼ばれるようなものを多く食したいものです。

そう思うと、金沢では失敗しました。
posted by KAZZ Satoh at 15:13| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちづくり関連本、など 1460

A YUME DE AETARA.JPG

「YUME DE AETARA」
大瀧詠一作品集Vol.3、2018

ソングブック第三弾は「夢で逢えたら」ばかりです。なんとCD4枚組。1976年に吉田美奈子さんが歌ってから42年。発表された順番に収録されています。最後のところで、入れ子になっているところ以外は、順番通りです。大瀧詠一本人が歌っているものもあります。そして、最後は吉田美奈子による2018年版です。最後の吉田さんの歌は、大瀧詠一に向かって歌ったのでしょう。「夢で逢えたら」は思いメッセージになっているように感じました。

不思議と飽きずに聴き続けられます。面白いものです。アレンジが異なったり、歌手が異なったりするのは当然ですが、ずっと聞いていられるのは、曲そのものが持っている特性なのだろうと思いました。永遠のポップスなのだろうと思います。


posted by KAZZ Satoh at 14:58| Comment(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 018113 手賀沼の正月

A IMG_1693.JPG

「白鳥たち」

冬と水辺と白鳥はセットとなりますが、どのくらい渡るのだろうか?と、思ってしまいました。



A IMG_1694.JPG

「渡ること」

鳥にとって、飛ぶことは自由の象徴ではありません。飛ばなくて済むのなら、飛ばなくなります。渡る必要性がなくなると、渡らなくなります。

そのようなことが自然の摂理なのだろうと思います。
posted by KAZZ Satoh at 11:07| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月23日

まちのたね 018112 限定醸造

A IMG_1686.JPG

「チャレンジ」

限定醸造を愉しむのですが、なぜ、沢山の種類が生まれるのでしょうか?造り手がわとしては、様々な味わいを楽しいんでほしいからでしょうか。営業的には、ビールの顧客数を保持あるいは伸ばしたいからでしょうか。

しかし、限定醸造が定着することは少ないようです。ビール文化を豊かにするための活動であることを願っていますので、限定醸造といいながら常備されている状況になることを願います。
posted by KAZZ Satoh at 10:37| Comment(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 018111 牛久シャトー2017B

A171001 三小通り商店会日帰り旅行 (17).JPG

「地下の樽」

ワインが育っていく場所です。まるでセミのようだと思います。



A171001 三小通り商店会日帰り旅行 (19).JPG

「静かな時間」

おそらく一般のワイナリーでも静かな時間が流れていくのでしょう。時代に関係なく。ここだけの時間が流れているように感じます。



A171001 三小通り商店会日帰り旅行 (20).JPG

「カタコンベ的な」

ただ置かれているだけのはずですが、墓場的な想像をしてしまいました。なぜでしょうか。
posted by KAZZ Satoh at 10:32| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月22日

まちのたね 018110 コースター

A IMG_1660.JPG

「原美術館」

昨年の12月だったでしょうか。何十年ぶりかで原美術館に行きました。そのときに購入したコースターです。義理の両親宅で使いました。今年の正月のことです。このときは、義父は健在でした。

そして彼岸の時期となりました。




posted by KAZZ Satoh at 09:57| Comment(0) | 家族的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 018109 牛久シャトー2017A

A171001 三小通り商店会日帰り旅行 (12).JPG

「いわば屋根裏」

かつての建築が遺されているところを訪れる時に気がつくことは、天井が張られていないことです。工場の場合は天井が必要ない場合があるので、当然のことかもしれません。

現代に、この設えをするとなると、いくつかの割り切りが必要となるだろうなあと思ったりします。



A171001 三小通り商店会日帰り旅行 (15).JPG

「看板」

蜂ブドー酒です。この名前は憶えています。ワインと言われるのが当たり前の現代ですが、個人的には葡萄酒の響きが残っています。



A171001 三小通り商店会日帰り旅行 (16).JPG

「樽」

地下に移りました。
樽が並ぶ倉庫に足を踏み入れる前に掲示されていました。
このシャトーの歴史を物語るもののひとつだと思います。

posted by KAZZ Satoh at 09:54| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月21日

まちのたね 018108 いただきもの

A IMG_1651.JPG

「年末年始」

昨年に、知り合いの方のお祝い会に呼ばれました。そのときのお返しの品です。正月に、ありがたいく頂きました。









posted by KAZZ Satoh at 11:26| Comment(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする